Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

「103万円の壁」 「130万円の壁」


いわゆる、パートなどで働く方が、自身が扶養になれるか、なれないか、の基準で、103万が所得税、130万が社会保険に関わってくる数字です。


この数字が、労働意欲を狭めているとして、よく指摘されている部分ですが、この数字が変わることとなりました。


今国会で改正所得税法が成立し、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが行われます。


その内容は以下のとおりです。

[見直しの目的]
働きたい人が就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築する観点から、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しを行う。

【納税者本人の受ける控除額】
所得控除額38万円の対象となる配偶者の給与収入の上限を、150万円に引き上げる(現行の配偶者控除の対象となる配偶者の給与収入の上限は103万円)。

【納税者本人の所得制限】
配偶者控除等の適用される納税者本人に収入制限を設けることとし、給与収入(合計所得金額)が1,120万円(900万円)を超える場合には画像のとおり控除額が逓減・消失する仕組みとする。


この改正は、平成30年分以後の所得税について適用されることになっています。


なるほど、枠を広げたので、たくさん働いてね~~、という事かと思いますが、その前に130万の壁があるので、どうかな~~という感じですね。


「平成29年度税制改正」(平成29年4月発行)
スポンサーサイト

ホーム

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。