Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ホーム | 次のページ>>

人手不足の転換期が始まりつつあります。

リーマンショック以降、人手不足が進行し、非常に厳しい採用環境が続いてきましたが、ここにきて少し変化が起きてきています。

帝国データバンクが先日公表した「人手不足に対する企業の動向調査(2019年10月)」より、現在の人手不足の状況を見ると、次の要か回答がでているようです。(調査実施期間は2019年10月17日~31日、調査対象は全国23,731社、有効回答企業数10,113社(回答率42.6%))

(1)正社員の過不足状況
不足 50.1%(1年前比▲2.4ポイント) 適正 41.1%(1年前比+1.0ポイント) 過剰 8.8%(1年前比+1.4ポイント)

(2)非正社員の過不足状況
不足 29.3%(1年前比▲4.8ポイント) 適正 62.6%(1年前比+2.9ポイント) 過剰 8.1%(1年前比+1.9ポイント)

正社員・非正社員ともに、少し改善しているようです。

また、業種的にみるとより顕著なものがあります。

「製造」では

正社員不足割合 1年前から▲9.1ポイントの39.3%

非正社員不足割合 同▲11.5ポイントの22.8%

となっていて、随分改善が見られます。


「非製造」では

正社員 同0.2ポイントプラスの54.3%

非正社員 同▲1.9ポイントの32.2%

と横ばいです。

document_kyuujinbosyu.png

おそらくですが、非正社員と言っても「サービス」「小売り」「運輸・倉庫」といったような業種が人手不足をけん引していて、事務職等になるとまた大きく数字も変わってくるような気がいたします。

ここにきて、有効求人倍率が低下してきていることもあり、採用環境が好転するのかもしれません。

このような動きの背景には、景気の影響もあるかもしれませんが、各企業が業務の在り方等を見直し、改善した結果が出てきているということが考えられます。

こういった改善や機械化は今後も各企業で一層進んでいくと想定されます。

今後は、今以上に労使共に合理的かつ生産性を意識した働き方が求められていく事は間違いがないような気がいたします。

帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2019年10月)」

ホーム | 次のページ>>

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操