Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ホーム

ながら運転に関する罰則の強化等

スマートフォンの普及等に伴い、ながらスマホによる交通事故は増加の一方です。

便利すぎるが故に、メリハリをつけず、運転中も利用していると、注意散漫により大きな事故に繋がります。

その様な不注意によって、被害者になってしまうと、人生は元に戻らないのですから、いかような理由も理由にはならないような気がします。

そんな、悲しい事件をなくそう、という事かと考えられますが、運転中の携帯電話使用等に関する罰則が本日(2019年12月1日)より強化されるとともに、同違反に係る基礎点数および反則金の額が引き上げられています。


(1)罰則の強化等
■携帯電話使用等(交通の危険)
違反内容:携帯電話等の使用により道路における交通の危険を生じさせたもの
罰則:1年以下の懲役または30万円以下の罰金
違反点数:6点(免許停止)
備考:非反則行為としてすべて罰則の対象

■携帯電話使用等(保持)
違反内容:携帯電話等を使用し、または手に保持して画像を表示して注視したもの
罰則:6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金
違反点数:3点
反則金の額:
 大型 25,000円
 普通 18,000円
 二輪 15,000円
 原付等 12,000円

(2)運転免許の仮停止の対象行為に追加
 携帯電話使用等(交通の危険)の違反をして、交通事故を起こして人を死傷させた場合、免許の効力の仮停止の対象となりました。これにより、交通事故を起こした場所を管轄する警察署長は、30日以内の範囲で免許の効力を停止(仮停止)することができることとなりました。

業務の中に運転がある会社は特に、このような法改正の内容を社員に周知すると共に、社内の安全運転教育に反映させていくひつようがあるのではないでしょうか?


ホーム

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操