Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

企業内保育所の閉鎖


安倍政権では、子育て世代の支援は大きな柱の一つとして掲げられています。


女性が、妊娠出産を経ても、キャリアを継続できるように・・・・


そんなことで、子育て支援に対して様々な対策が取られようとしているのですが、その一つとして、「企業内保育所」の設置も進められています。


例えば、厚生労働省は、企業が事業所内に保育所を設置した場合に助成金を支給しています


現在は設置費の限度額が2300万円に上り、運営費も年1回、最大10年間支払われます。


両立支援助成金


有名なところでは、2003年9月にオープンした資生堂の施設などがあります。



ところが、意外に、企業内保育園の運営の継続はハードルが高いようで、なんと最近、この「企業内保育所」の閉鎖が相次いでいるそうです。



会計検査院が1993~2011年度に国が助成金を出して設置された720件の保育所を調べたところ、東日本大震災で被災したところを除いて81件が廃止または休止していることが、2013年7月30日に明らかになっています。



その理由としては、「乳幼児が確保できなかった」が36施設、事業主の経営状態や業績悪化が24施設。

また運営5年を迎える前に廃止・休止となっていた施設も多数見受けられます。



一見便利そうに見える、企業内保育所も

・都会であれば毎朝満員電車で子どもを職場に連れて行かねばならない

・スペースが狭くて遊ぶ場が限られ、同年齢の友達ができない


などの、デメリットもあり、意外に使いにくいようです。



企業内保育所は、いわゆる国の「認可外」の施設ですので、助成金があるとはいえ保育料が高額になってしまい、利用者がちゅうちょするようなケースもあり、子供の確保が難しいとも指摘されています。



産みやすく、働きやすい社会に!!



まだまだハードルは高そうです。

職場のパワーハラスメント対策ハンドブックPageTop東京バンドワゴン (お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1022-8a19ce9f

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操