Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

仕事は嫌?


ギャラップ社が世界94カ国の労働者を対象に行った、職場への関係性についての新しい調査を発表しています。



この内容が実に考えさせられる内容でしたので、少しご紹介・・・



この統計によると、米国の労働者の18%が、職場に対して否定的、もしくは敵対的だとされています。



しかし、中東や北アフリカの一部の国では、嫌々ながら仕事をしている労働者の割合は50%超なっており、なんとなくイメージは湧くものの、そのギャップに驚かされます。



ギャラップ社のレポートによると、嫌々ながら仕事をしている労働者の割合が高くなる現象は、失業率の非常に高い国で見られる傾向があるそうです。


これは、多くの人が、他の仕事の選択肢がなければ、嫌な仕事でも続けようとするという事を意味しています。


中国は、失業率こそ約4%と低いものの、「積極的に仕事に関わっている人」の割合が最も低い国のひとつで、労働者のうちのわずか6%に過ぎないそうです。



ちなみに、日本も、他国の事は決して非難できず、「積極的に仕事をしている人」の割合は7%しかありません。


働くのが楽しい




世界の労働者のうち、「積極的に仕事に関わっている人」(会社が新しい価値を創出できるよう、やる気をもって仕事をしている)の割合は、平均で13%だそうです。


米国におけるその割合は30%だそうで、平均からするとかなり高いことになります。




反して、日本は平均の半分くらいなんですね。



世界的に見ると、「嫌々ながら仕事をしている人」と「積極的に仕事に関わっている人」の割合は2対1だ(日本における「嫌々ながら仕事をしている人」の割合は24%)そうですが・・・



このような統計の結果は、今後の経済成長を妨げる要因の一つとして、大きく問題視されているようです。




人生の時間の半分以上を占める『仕事』なのですから、この時間を積極的、かつ楽しく過ごせれば、一層充実した日々になるような気がするのですが・・・

高齢者にまつわる助成金PageTop「雇用保険のしおり」

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1038-776893f7

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示