Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

国民年金滞納者への延滞金請求強化!!


厚生労働省は納付率が低迷する国民年金保険料の徴収を強化するため、全ての滞納者に延滞金を課す検討を始めているそうです。



現在は納付期限を過ぎて催告状を送っても納付しない人に限って、督促時に延滞金を課しています。



これを納付期限が過ぎた時点で全員から徴収できるようにしようとするようです。



この件については、12月上旬まで社会保障審議会年金部会の専門委員会で議論し、提言をまとめられる予定です。



政府は8月に加藤勝信官房副長官を中心に納付率向上の改革指針をまとめており、今回の対応はこの指針に沿ったものです。



2012年度の国民年金保険料の納付率は59%で、目標とする60%を4年連続で下回りました。



年金納付率



この原因は、非正規労働者の増加に伴い、若者を中心に未納者が増えているからだと考えられています。



そのような状況の中での今回の検討案。



はたしてうまくいくものでしょうか?



若者は何故年金を支払わないのか?



取り立てるだけの強化ではこの部分への配慮がなされておらず、根本的な問題解決には至らないものと考えられます。



例えば、次のような試算などがあります。


【年金納付額(会社負担含む)と実際にもらえる年金額の差額】

条件:20歳から厚生年金に加入。平均年収750万。2歳年下の専業主婦と2人暮らし。
   平均余命(男性82歳 女性88歳)まで生きた場合 
   厚生労働省発表値(名目利子率3.2% 賃金上昇率2.1% 物価上昇率1.0%

1940年生まれ +3090万   1945年生まれ +1770万
1950年生まれ + 750万   1960年生まれ - 340万
1970年生まれ -1220万   1980年生まれ -1890万
1990年生まれ -2280万
※ 「『社会保険料』の節減」 安田部 ゆかり 著 より抜粋



現在の年金制度について感じる、将来の「安心」「保障」に不安を抱かない様にした後で、取り立ての方法について考えることが大切だと言われていますが、今回の対応、皆様はどのように考えられますか?

飲食店に対する労災防止パンフレットPageTop年末調整パンフレット

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1045-92f13f0a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示