Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ねんきん月間エトセトラ

厚生労働省と日本年金機構は協力して、11月を「ねんきん月間」と位置づけ、国民の皆様に年金制度に対する理解を深めていただくため、公的年金制度の普及・啓発活動を展開しています。


具体的な内容は次の通り・・・


① 市区町村役場、大学、老人ホーム、駅、商業施設など、 全国各地のさまざまな場所で、年金事務所職員
  などによる出張年金相談を行います。

② 大学や高校などで、学生向け年金セミナーを実施します。

③ 「わたしと年金」エッセイの優秀作品を発表します。 (11月1日・日本年金機構ホームページ上)

④ 国民年金保険料の納付案内を積極的に実施します。



どうも付け焼刃的な内容に感じるのは私だけでしょうか?


①、②は継続してこそ初めて意味があるものだと思いますし、③はそもそも何のためにするのか、よくわかりませんし、④は普段からしておかないといけないことだと思いますし・・・



私と年金 誰が自発的に応募するのかな~




また、年金事務所関連で先日次のような記事が掲載されていました。


【年金機構、2万2000時間を無駄に 外部委託分を職員処理】

日本年金機構が昨年度、外部委託した被保険者の名前や住所の入力業務のうち、約356万件をすべて機構職員が処理していたことが27日、会計検査院の調べで分かった。作業時間にすると約2万2千時間、1日8時間勤務の職員2750日分の仕事が削減可能だったことになる。


検査院は、職員が仕事の流れでそのまま処理していたと指摘。業務効率化やコスト削減の意識が不十分だとして、近く機構に改善を求める。機構は「現時点ではコメントできない」としている。


機構には書類の審査や入力をする事務センターが各都道府県に1カ所ある。保険料徴収など対人業務を担う年金事務所は全国に312カ所ある。いずれも効率化を目的に民間へ業務の一部を委託している。


関係者によると、検査院は27事務センターとその管内にある218年金事務所の昨年度の業務状況を調べた。


調査の結果、23事務センターでは外部委託した入力業務のうち約515万件で職員が半分以上を処理していた。このうち約356万件はすべて職員が入力していた。事務センター職員が書類審査中に入力まで済ませていたり、年金事務所職員が書類提出を受けた段階で処理したりしていた。


効率の点から調べたため、検査院は具体的に金額を指摘しなかった。機構側は、委託業者の習熟度に不安を感じた職員が処理したなどと検査院に説明している。


調査では、16事務センターと66年金事務所で同じ書類の点検をしていたことも判明。事務センターに業務を集約した際、移行期間中は年金事務所でも点検できるとしたマニュアルを3年以上見直していなかったことが原因だった。


ほかに、外部委託した通知書発送準備など約430万件も、仕様書に作業手順が載っていなかったため職員が処理していた。〔共同〕



年金改革の一端として実施された社会保険事務所解体。



民間化されて、都合の良い時だけ「我々は民間ですので」という言葉を錦の御旗の様に使われているような気がしますが、このような実態を見ていると、形だけの改革と言われても仕方がないような気もするのですが・・・



現場で入力が可能な状態をあえて分ける必要性、これによって健康保険書等の発行が遅くなり利便性が悪化している部分がある状況等を鑑みると、考えさせられるものがあります。 

鬱の原因は過重労働より人間関係PageTopハッピー残業日本地図

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1052-db649c4d

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示