Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

逮捕されるんです

先日、助成金の不正受給に関しての記事が新聞に掲載されていました。




求職者支援金、不正受給容疑で逮捕 NPO理事長ら


 失業者が生活費の支給を受けながら職業訓練を受けられる国の求職者支援制度を悪用し、国からの支援金を不正受給したとして、大阪府警捜査2課は11日、大阪市のNPO法人「全国8080(ハレバレ)運動推進協議会」職員で実質的な代表、清水武司容疑者(70)=大阪市=ら4人を詐欺などの疑いで逮捕した。



 同課によると、4人は容疑をおおむね認めている。逮捕されたのはほかに、清水容疑者の息子で理事長の清水大輔容疑者(39)=奈良県香芝市、無職の藪内満容疑者(56)=大阪府門真市=ら。



 同NPO法人を巡っては、厚生労働省が制度の運営を委託している独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」の元職員が事業内容の検査日程を事前に漏らし、見返りに現金を受け取った疑いも浮上しており、同課が詳しく調べる。



 4人の逮捕容疑は受講生5人と共謀し、2012年9~11月、実際には開講していない職業訓練講座に5人が出席していたように装った申請書を厚労省に提出、受講生の生活費などの名目で計約150万円をだまし取った疑い。



 捜査2課は受講生からも詐欺などの疑いで任意で事情を聴くとともに、4容疑者が訓練機関に支払われる奨励金もだまし取ったとみている。不正受給の総額は少なくとも数千万円に上るとみて裏付けを急ぐ。



 同課は11日午前、同NPO法人の事務所を家宅捜索した。



 また、独立行政法人の元職員は同機構の大阪職業訓練支援センターに勤務していた60代男性で、数年前から検査日を漏らし、その見返りに少なくとも数十万円を受け取ったとみられるという 日本経済新聞より



現在この会社は受給額1億4500万円の返還も命じられているようです。



企業を応援するための助成金。



一部の心なき人の行動で、取扱いは年々厳しくなっていく一方です。



本来利益は経営の部分で稼いでいく事が原則です。



助成金はそんな利益を一生懸命出そうとしている企業をサポートするためのものです。



このあたりの考え方の順番を間違えると、今回のような事件に繋がるのかもしれませんね。



適切に、的確に、うまく、助成金を利用していきたいものです。

「1年単位の変形労働時間制にかかる天災時のカレンダー変更は不可」PageTop採れない時代のパート活用正攻法(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1064-ed4e7085

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示