Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

中小企業における、法定外労働の割増賃金率の動向


先日中小企業の猶予措置廃止への懸念でもお伝えいたしましたが、60時間越え時間外労働における割増賃金率の取扱いについて、2013年9月27日に開催された「第103回労働政策審議会労働条件分科会」にて論点として上げられています。



これについて、私のお友達が「なるほど」と思う記事を書かれていましたので、ご紹介させて頂きます。




 法定外労働の割増率引き上げについての中小企業猶予の議論の現状

 「月60時間超の法定外労働の割増率引き上げについての中小企業猶予」について勘違いしていたことは以前にブログに書いたけど、その後について書いておく。
というのは、先日の三重県でのうちの会議で、他産別からオブザーバーで参加されていた労組幹部の方からその件について質問があったからだ。


すべてがそうだということではないが(全ての会社でそうだとも言わないが)、運転者の不足をみんなの時間外労働で補っているバスや、売り上げの低迷を超過労働で補っているタクシーにとって気になるこの問題なのだ。


 2013年9月27日に厚生労働省で労働政策審議会労働条件分科会が開催され、その会議の中で、この「月60時間超割増率引き上げ中小企業猶予」についてが議論のテーブルに載っていて、一定の結論を見出すべく議論が始まっているのだ(一定の結論とはおそらく猶予措置の終了だ)。
以下、ポイントだけ抜き取って記載しておく。


1.月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金について
※ 平成20年労働基準法改正により、月60時間超の時間外労働に対しては50%以上の割増賃金率が定められたが、中小企業については、法第138条により、「当分の間」適用されないこととされた。施行後3年経過後に、施行状況や時間外労働の動向等を勘案し、同条について検討を加え、その結果に基づき必要な措置を講ずるものとされている(改正法附則第3条)。

2.企画業務型裁量労働制及びフレックスタイム制の見直しについて
※ 「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)においては、「企画業務型 裁量労働制を始め、労働時間法制について…本年秋から労働政策審議会で 検討を開始する。ワーク・ライフ・バランスや労働生産性向上の観点から、総合的に議論し、1年を目途に結論を得る」こととされている。また、「規制改革実施計画」(同日閣議決定)においても「企画業務型裁量労働制やフレックスタイム 制をはじめ」労働時間法制について総合的に検討することとされている。

3.その他



議事録から見るが、1について、労働基準局長からは「改正法附則に定められました施行後3年経過後の見直し検討時期が到来しておりますことから、この点について御検討いただく必要がございます」という発言があり、また、労働側委員のJAM書記長は「中小企業への適用猶予措置は、早急に適用に向けて検討してもらいたい」、さらに「労基法の第1条では「労働条件は、人たるに値する生活を営むための必要を充たすべき」と規定されているわけであり、これを踏まえれば、あるいは企業の公正競争を確保する上からも、最低基準を保障している労働基準法が今ダブルスタンダードになっていることが大きな課題」と発言があった。



スケジュール感について明確にはされていないが、前述のとおり「1年を目途に結論を得る。」という閣議決定が説明されていることから、それくらいで結論を出すのだろうということ。


(国のこういった会議ってのは基本的に結論ありきとなっているので)注目が必要だ。

労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~より

中小企業の猶予措置に関して、法律が出来上がっていく現場を良くご存じの方のご意見だけに、この内容は非常に重要です。



なんとなく、忘れられている中小企業猶予措置廃止ですが、このまま企業規模によって労働条件に差が設けられていて状態を「是」とされるわけはなく、これを正そうという動きはすでに水面下で始まっています。


前回と同じことを言いますが、現状でさえ、対応が遅れている部分だけに、今から、「いかに労働時間を管理コントロールしていくか」という事に関して、労使共に、考えていく事が求められます。


タイムマネジメント
時間はマネジメントすることが大切ですね。

働きたくない若者の実態PageTop所得拡大促進税制の要件緩和

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1072-aec89180

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示