Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

働きたくない若者の実態


若者への就労支援を行っているNPO法人「育て上げネット」が『若年無業者白書——その実態と社会経済構造分析』なる本を出版しています。




同書は「白書」という名前がついていますが、その内容は、育て上げネットが支援対象者に行ったアンケート調査をまとめ、分析したものです。



調査は2012年1月から2013年6月までの期間、東京・神奈川・埼玉・大阪などの都市部で、約2300人を対象に実施されています。



同書は「若年無業者」を「15歳〜39歳で、学校に通っておらず、収入を伴う仕事をしていない、独身の人たち」と定義して、さらに3つの分類に分けています。



① 現在求職活動を行っている「求職型」

② 仕事はしたいと思っているが求職活動はしていない「非求職型」

③ そもそも就職を希望していない「非希望型」




この3つから見た、統計データから次のような事が示されています。



【生活面】
「非求職型」や「非希望型」は、「求職型」に比べて集団活動をすることが少なく、家で過ごす時間が多いが、家の中でも活動的ではない。



【意識面】
「非求職型」は不安・緊張が高い一方、働く自信をつけたい・社会性を身につけたいという意欲が高い。

「非希望型」は不安・緊張は薄いものの、気持ちは停滞しており、意欲も不明瞭。

一方、「求職型」は自己肯定感があり、自分に合った仕事を見つけたり、スキルを身につける意欲が他よりも高かい。


【就職活動面】
「非希望型」は、メールを送受信するPCスキルがないと答えた人が7割に及ぶ

「求職型」や「非求職型」の45%程度。


就活用のスーツは、「非希望型」でも47%が所有。

「非求職型」では67%、「求職型」は77%。

どの型でもスーツの所有率の方が、メールが使える割合より多いことが見て取れます。



働きたくない若者




これらの内容から感じることは、「社会への入り口」の段階でボタンの掛け違いが起き、それに伴ってどんどん就業意欲が低下していくと、社会とのスキルギャップが一層広がっていく可能性があるということです。



わからないから、怖くなり、自信がなくなり、より消極的になる。



そんな「負」のスパイラルに一度足を踏み入れてしまうと、抜け出すのは相当困難を要することがわかります。



今後、このような分析は社会的な課題としてより重要になってくるものと思われます。


石綿健康被害救済のための一般拠出金の料率変更PageTop中小企業における、法定外労働の割増賃金率の動向

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1073-a8c85238

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示