Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

社員の残業を防ぐ仕組み


労働時間管理。


企業の生産性向上の観点、万が一社員が健康を損なったりした場合の民事等を含めた法律リスクなどから、この部分は日々問われているわけですが、経営のカリスマとして知られている、小山昇さんが、企業での時間管理ついてコラムを載せられていますので、ご紹介します。



【以下、PRESIDENT Online 絶対に会社を潰さない 社長の時間術 より】

私は基本的に社員に残業を少なくするように部長に指導しています。

残業をしたら、残業代を払います。残業しないと仕事が終わらないのは、結局、能力がないということです。それなら、賞与の評価を変えればいいのです。

同じ仕事をして、定時に帰る人と残業する人がいるなら、定時に帰る人のほうが能力が高い。それなのに能力のない人が残業代を稼ぐのでは、頑張って時間内に仕事を終わらせる人がやる気を失います。

でも我が社では残業が多い人は給料は高くなるが評価が下がるから、賞与が少なくなる。一方残業せずに帰った人は、評価が上がるから給料が少なくても賞与が多くなる。最終的には、後者のほうが金額が多くなるようにしています。

熱心で残業するのは、間違いです。時間内に終わるよう、熱心になるのが正しい。

そもそも長い時間やったから、いい仕事ができるというのが間違いです。むしろ終わりの時間を意識して仕事したほうが質が上がる。長くやることを努力だと思ってしまいますが、成果が出るようにすることが努力です。

会社として残業を減らすことに取り組むのも大事です。基本的に残業があるのは事務員ですが、事務職の仕事はパートに時給を高くして短い時間働いていただく方針です。

なぜなら残業代を払うよりも、時給の高い人を雇ったほうが得だから。能力がなくて残業する人よりも、時給が高くても5時間しか働かない人のほうがいい仕事をします。

ところがダメな社長は、高い給料を払ったら損だと思っている。残業代稼ぎをされたほうが、ずっと損です。ここを間違えないことです。

武蔵野が残業が少ないのは、バックヤードのIT化に、ものすごくお金をかけていることも大きいでしょう。

経営サポート事業部はこの3年で売り上げが倍になったが、バックヤードの人数は同じです。なぜかというと、マイページというソフトに多額の投資をしたからです。

今までは売り上げの登録は、事務員がやっていましたが、新しいソフトではお客様の登録を全部お客様自身にインターネット上でやってもらえるようにしました。その代わり、売り上げに対して、2%、1.5%、1%のキャッシュバックをしています。

また今まではセミナーの参加証を事務員が封筒に入れ、切手を貼って送っていましたが、今は参加証をメールで送り、それを受け取った会社が参加証を印刷してくれるようになりました。また、メールが開封されているかチェックする仕組みを作り、万全を期しています。こんな工夫を重ねていると、それこそ元が取れてしまいます。

残業を減らすには、お客様の不満をすくい上げて、ソフトの改善をすることです。

ところがどこの会社も、ITに投資しないで、いつまでも人間に不具合をカバーさせている。

わが社はお金をかけてソフトを直します。残業代はずっとかかり続けますが、ソフトは1回直せばいい。

「申し込みの画面を変更してほしい」と、3人以上から同じ要望があれば対応します。希望を放置していると、同じ内容の電話がかかってくる。それにその都度対応するよりは、直したほうが早いです。

時間の節約、人件費の節約は、お客様の都合に合わせて直すのが1番いい。そうすれば、お客様に何も言われなくなるので、その分の時間が浮きます。


労働時間管理


「残業をするな」と言っても残業は減らないが、その仕事をなくしたら、残業することはできません。だから仕事をなくすことが大事です。

このように徹底的な合理化をすると、時間が余るようになります。その時間は、もちろん人と接するところに回すのです。

お客様への営業や社員教育などはできるだけアナログで、面倒くさく手間をかけると、会社は強くなります。バックヤードはできるだけIT化して、手抜きする。

合理化とは、手抜きをすることです。

そのためには前年の経常利益を下回らなければいくらでもお金を投資していい。ここでお金をケチると、中途半端な結果になってうまくいきません。

私はIT化にはお金をケチらないと決めています。機械化できることは全部機械化したほうが、大事な時間が節約できるという考え方です。

効率化の推進による生産性の向上はとても大切なことですが、このために、知恵を絞る工夫の積み重ねとITの有効活用は避けて通れないものなのかもしれません。

次世代支援法の延長PageTop組織行動のマネジメント(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1084-9d1b8541

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示