Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

平成25年度被扶養者資格の再確認


協会けんぽは、平成25年5月から7月に実施した、被保険者資格の再確認調査委について、その結果を発表しています。


この再確認は、保険給付の適正化及び高齢者医療制度における納付金・支援金の適正化を目的として、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを「被扶養者状況リスト」等の提出等形で実施しているものです。



【結果】

被扶養者資格の再確認の結果、被扶養者から除かれた人

 ⇒ 約7万人(平成25年10月末現在)  
   削除による効果:32億円程度が見込まれる。(高齢者医療制度への負担軽減額 ※)


【削除となった主な理由】

『就職したが削除する届出を年金事務所へ提出していなかった。』というものが大半を占める
『収入超過による削除』についても見受けられた


※ 高齢者医療制度への負担

高齢者の医療費は、税金、本人負担によるほか、協会けんぽ、健保組合、国民健康保険等の医療保険制度から拠出されることとなります。
この協会けんぽなどからの支援金・納付金は、各々の制度の加入者(被保険者及び被扶養者)の人数等に応じて算出されるため、本来、健康保険の被扶養者から解除しなければならない届出を行っていないと、その被扶養者分についても協会けんぽの支援金の額に追加され、皆さまの保険料負担も増えることになります。



扶養の範囲
扶養の範囲は適切に!!



今回の調査、同じものが、次年度も実施されるようです。

平成26年度においても、今年度と同様に5月から7月の期間で実施されることが予定されていますが、今後はより厳格な確認(資料の提出を求められる等)を求められてもおかしくない状況ですので、今からその適否を確認しておくことが大切です。

うまくいったときには窓の外を見てPageTop君に友達はいらない(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1091-39d8ecec

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示