Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

労働組合の組織率

厚生労働省は17日、「2013年労働組合基礎調査」の結果を発表しています。


これによると、雇用者数に占める労働組合員数の割合を示す推定組織率は、2013年6月30日時点で前年比0.2ポイント減の17.7%となり、3年連続で過去最低を更新しています。


単一労働組合の労働組合数は前年比243組合(0.9%)減の2万5,532組合。


労働組合員数は同1万7,000人(0.2%)減の987万5,000人となり、ピーク時の1994年(1,269万9,000人)と比べて282万4,000人(約20%)も減少しています。



一方、女性の労働組合員数は303万4,000人で、前年から4万4,000人(1.5%)増加。


推定組織率は前年と同率の12.6%。



パートタイム労働者の労働組合員数は前年比7万7,000人(9.2%)増の91万4,000人、全体の労働組合員数に占める割合は同0.8ポイント増の9.3%、推定組織率は同0.2ポイント増の6.5%となり、調査項目に加わった1990年以降で、いずれも過去最高を更新しています。



労働組合員数を産業別に見ると、「製造業」が266万2,000人(全体比27.1%)で最多。


次いで、「卸売業、小売業」が125万6,000人(同12.8%)、「公務(他に分類されるものを除く)」が90万8,000人(同9.2%)となった。



推定組織率については、「電気・ガス・熱供給・水道業」が57.0%でトップ。



一方、「農業、林業、漁業」は2.0%、「不動産業、物品賃貸業」は2.8%と低いものとなっています。





労働者の立場を守るものとしてある労働組合。



結成率の低下には、労働者の意識の変化も大きく影響しているといわれています。



一方で、最近はユニオンといわれる形の労働組合の動きが目立っています。



今回のような統計をみると、労働組合の存在価値やあり方について、今一度考える時期が来ているのかもしれません。


労働組合及び労働組合員の状況

産業別の状況

企業規模別(民営企業)の状況

適用法規別の状況

パートタイム労働者の状況

主要団体への加盟状況

附表1

附表2

報道発表用資料

概況版

改正労働契約法の特例PageTopブラック企業調査の結果

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1099-b84e4156

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示