Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

大学等卒業予定者の就職内定状況

厚生労働省は21日、平成26年3月に大学を卒業する学生の就職状況などを文部科学省と共同で調査し、平成25年12月1日現在の状況を取りまとめて発表しています。


調査対象は、全国の大学、短期大学、高等専門学校、専修学校の中から、設置者や地域などを考慮して抽出した112校、6,250人です。



今年の大学卒業予定者の就職内定率は76.6%と前年同期比より1.6ポイント上昇しています。




【就職内定率】
  ○ 大学               76.6%(前年同期比 1.6ポイントの増。)
  ○ 短期大学(女子学生のみ)    58.6%(同 0.7ポイントの減。)
  ○ 高等専門学校(男子学生のみ)  98.7%(同 0.5ポイントの減。)
  ○ 専修学校(専門課程)      60.6%(同 2.4ポイントの減。)


[参考:推計値]
○平成26年3月卒業予定者数       
 ・大学  56万3千人(55万5千人)   ・短大   5万9千人(6万2千人)  
 
 ・高専     1万人(1万人)      ・専修学校22万3千人(22万6千人)

○うち就職希望者数
 ・大学  43万3千人(42万3千人)   ・短大    4万8千人(5万2千人)

 ・高専      6千人(6千1百人)   ・専修学校 21万人(21万人)

○うち就職(内定)者数
 ・大学  33万2千人 (31万7千人) ・短大   2万8千人(3万1千人)

 ・高専  5千9百人  (6千1百人) ・専修学校  12万7千人 (13万2千人)


 ※(  )は前年同期の数値


推移_convert_20140122004731


アベノミクスで経済の上昇機運が高まり、就職環境も少し改善しつつあるとは言われますが、リーマンショック前の水準には届いていません。


現時点で、就職を希望しながら内定がない学生は10万にいるといわれています。


まだまだ厳しい就職活動。


大学卒業後の就職は社会への第一歩になるだけに、学生と企業のミスマッチが起こらないようにするための取組が重要になってきますね。


平成25 年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」

第1表 大学、短期大学及び高等専門学校の状況・第2表 専修学校(専門課程)の状況

就職(内定)率の推移

大学、短期大学及び高等専門学校卒業者の12月1日現在の就職内定状況調査の推移

オープンオフィスと働きやすさの関係PageTop心の健康診断

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1135-ead8dc01

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示