Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ダブルループ学習


何か新しいことを学びたい、目標を立てて達成したい。


こういう時には、通常、脇目も振らず、目先の課題をやりきることに集中しようとしますが・・・


しかし、このような取り組みは、ビジネス理論の見地から考えると、あまり有効とは言えないそうです。



ビジネス理論ではこういう時の対応法として「ダブルループ」理論なるものがあろうそうです。



ダブルループ学習は、自分が今までにやってきたことや、目標達成のために立てた計画そのものを、あえて疑いの目で見てみて、強制的に自省を試みる学習法です。


ダブルループ



以下は、ニューヨークタイムズ記事より



1970年代に、ハーバード・ビジネス・スクールでビジネス理論を研究していたクリス・アージリス氏(ちなみに、90歳の今も健在で、同大学の名誉教授職にあります)は、組織や個人が計画を阻む障害に行き当たった時にとる行動について研究を始めました。


同氏は、障害に対するもっとも一般的な反応を「シングルループ学習」と名づけました。


これは、障害が発生した理由を外的要因や技術的な問題に求めるもので、視野の狭い思考プロセスと言えます。


それと比べるとあまり一般的ではありませんが、アージリス氏がはるかに効果的な認知アプローチとして挙げるのが「ダブルループ学習」です。


こちらの思考法では、それまでとってきたアプローチのあらゆる面に疑問を投げかけます。


そうすることで、自分の方法論や偏見、心に深くこびりついている思い込みに光を当てるのです。


心理学の手法を応用してこうした自省を行うには、自分の信条を真摯に疑い、そうして得た知見に基づいて行動を起こす勇気が必要になりますが、私たちの人生や目標について、新しい見方ができるようになるかもしれません。

本理論は物事は「問題がない場合、そのことを疑え」といわれるよう、思考における原則的な考え方を整理した考え方のようにも感じますが、これまでにとらわれない事、これを破壊すること、ゼロベースで考えること、などの大切さを改めて感じる内容です。

国民年金制度の行方PageTop怒りをコントロールする5つのステップ

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1155-71d5f630

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示