Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

今年は自動ブレーキ型

新たな年度が始まり、多くの方が新入社員として、社会にデビューされます。


そんな今年の新入社員、毎年その特徴を生産性本部がまとめて発表していますが、今年は「自動ブレーキ型」がそうです。


個人的には、今年のキャッチは「言い得て妙」が少なく、ちょっとむりくりで外した表現だな~~、担当者の方が、無難な名前を選んで自動ブレーキを踏んだんじゃないかな~~(笑)なんて感じたりしましたが・・・


以下、その特徴です。(日本生産性本部HPより)


【平成26年度 新入社員のタイプは「自動ブレーキ型」】

知識豊富で敏感。

就職活動も手堅く進め、そこそこの内定を得ると、壁にぶつかる前に活動を終了。

何事も安全運転の傾向がある。

人を傷つけない安心感はあるが、どこか馬力不足との声も。

どんな環境でも自在に運転できるようになるには、高感度センサーを活用した開発(指導、育成)が必要。
 

【平成26年入社組の就職活動の特徴】 

企業業績が徐々に回復する中で新卒採用数も増加しつつある。

2月1日時点の大卒者の就職内定率は、 82.9%と3年連続で回復した(前年比+1.2%)。

「時間短縮型就活(企業による採用広報活動の解禁日が10月から12月へと遅くなり、就職活動期間が2ヶ月間短縮した)」の第2期生となり、導入一回目の昨年に見られたスケジュールの混乱は企業側、学生側のともにあまり見られなくなった。


昨年は「ブラック企業」問題が社会的関心を集めたこともあり、就職先企業の情報収集に熱心になった就活生もいた。

勤務時間の実態、コンプライアンスの状況などを気にして疑心暗鬼になる場合もあったようだ。



自動ブレーキ

 

【「自動ブレーキ型」について】

自動車のCMでよく見るようになった自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)装置。高感度センサーで障害物を敏感に検知して自動的に車を停止させ事故を未然に回避する。

そのハイテクは、情報収集能力に長け、頭の回転の速い若者像をほうふつとさせる。

車もかつては野性的なパワーを競ったものだが、昨今は、エコロジーと洗練された自動制御能力がセールスポイントとなっている。

しかし上の世代からすればいささか物足りない印象を持つようだ。

新入社員についても、失敗を恐れずに「あたってくだけろ」の精神でパワー全開、突っ走って欲しいとの声もある。


新入社員の皆さんには、背伸びをせずに、ローリスク・ローリターンの安全運転もいいが、リスクを恐れずに、前向きに挑戦する失敗から学ぶ経験もしてほしい。


なおCMの末尾に表示されるように、自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)装置は「完全」を保証する装置ではない。

使う人がその特性を十分に考慮し、上手に活用して初めて真価を発揮する。

新入社員も同様に、先を読む能力(高感度センサー)を活かした指導、育成(開発)をすることによって、衝突を回避するだけではなく、適切に加速(スピード自動調節)をしながら、どんな環境でも運転をしていくことができるようになるだろう。


2014新入社員のタイプ 発表文

雇用保険法改正についてPageTop産前産後休業保険料免除制度

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1196-0e7abc77

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操