Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

時短への取り組みと女性の活用


労働時間の削減、大切なことはみな理解されていますが、なかなか進まない企業がたくさんあるのも事実です。


親会社からの受注状況であったり、業務の流れの問題であったり、様々な障壁があるのも事実ですが、それでも今後は生産性というものが重要になるのは間違いありません。


そんな中、カルビー会長兼CEO 松本 晃さんがなかなか辛辣かつ当たっている節もあるかな~、という事を話されていますので、ご紹介いたします。(以下、プレジデントオンラインより抜粋)



【定時帰りのやり手女とやる気だけ男。役立つのは】


そんなの定時で帰る「やり手女」のほうが、役に立つに決まってます。

そもそも会社が社員に求めているのは成果であって、長く働くことじゃありません。

できるだけ長く働いてモノをつくれば、つくっただけ売れるなんて時代は高度成長期までのお話。

今は、付加価値の高いモノを開発し、供給できる会社じゃないと、グローバル社会で勝てないのです。


会社一筋で仕事ばかりしている人から新しい知恵なんか出てくるわけがない。

すると、会社にイノベーションも生まれない。だから、昼の1時でも2時でも、仕事が終われば、帰ればいいわけ。

早く帰れば、自分の家庭を大切にするし、勉強や趣味に時間が割けるので「個人生活」が充実する。

するとそれが仕事に反映され、能力も上がる。

「仕事か個人生活か」ではなく、両方を取る道を考えるのです。そうするとカルビーの競合相手のグリコじゃないけれど、「一粒で二度おいしい」。



人生、「グリコ方式」が一番ですよ。



しかし、「“長き”をもって尊しとなす」考え方を変えるには時間がかかります。

日本では、会社が社員の時間外労働に手当を払う義務がある。

くれると言うなら貰うのが人情だから、社員はダラダラ働いて残業代を稼ぐ。

悪しき習慣ですね。

本来、給与は結果に対して支払われるもの。

そんな制度に変えれば、皆さん残業なんかやめますよ。

事実、僕がジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人の社長だったとき、残業手当支給を廃止したら、誰も残業しなくなりました。

しかも、かえってそのほうが、パフォーマンス(業績)が上がったのです。



カルビーにも、子育てと仕事の両立のために、4時に帰る「時短女性部長」がいます。

カルビーは、短時間勤務でも、効率よく仕事して成果を出している人を積極的に評価するし、昇進させるのです。


しかし、僕がこうして「“結果”をもって尊しとなす」改革を行うことに対しては賛成意見ばかりではありません。

保育園のお迎えのために早く帰る女性はけしからんとね。

こういう人に考え方を変えてもらわないと、日本企業の女性活用は進まない。



やる気女
プレジデントオンライン編集部作成




反対に男は、とりあえず長く働けばやる気があるとでも思われて、年を取れば多少能力が低くてもエラくなっちゃう。

しかし僕の経験から言って、やる気がやたら強い人には「ダメ男」が多い。

周囲のことを考えずに突っ走るため、人から愛されず、結果を出せないのです。



女性登用を進めるには、トップマネジメント(経営者)が力ずくで変えるしかない。

だから僕は、「女性の活躍推進は私のライフワーク。それが不公平だ、嫌だと言う人は、違う会社に行ってくれていい」とまで公言しています。

このくらいトップがコミットしなければ、女性登用なんて進みませんし、それが進まなければ会社は成長しません。



なぜ、女性が活躍しないと、会社は成長しないか? 

それは、女性と男性は本来同じ能力をもっているからですよ。

ゴルフをやるとき、左手一本で打ちなさいと言われたら、うまくできないでしょ。

それと同じで、どうして両手を使わないんだって話です。



今や女性登用最先進国のノルウェーだって、2003年に大臣が取締役の女性比率を40%にしろと言ったときは、同国の経団連が大反対したんです。

でも担当大臣が、「5年以内に達成しない会社は上場廃止」という法律を決めちゃった。

その結果、ノルウェーの上場企業の役員の44.2%が女性になり、ノルウェー経済は劇的に良くなった。

トップが覚悟を決めて本気で改革すれば、ノルウェーのように5年で会社が、ひいては、国が変わることができるんです。



このお話、時短や女性活用だけでなく、企業の方向性を決めるトップの決断力の重要性も感じさせる内容です。


何事もそうですが、トップの意識がまず一番大切なのかもしれませんね。


だれだら仕事はその原因に「習慣」というものが絡んでいるケースが少なくありません。


猛烈社員で成功体験を積むことができた社員の思い込みが蓄積された結果があります。


また、日本にはプライベートを充実させることが、会社で一生懸命仕事をしていない、というようなレッテルを貼られたり、罪悪感を感じるような風土もあります。


しかし、それは、決められたことを守り、作れば作るだけ売れた高度経済成長期に通用した考え方です。


現在の様に潜在的付加価値を掘り起し、市場の中でスピーディーに変化し続けなければいけない環境の中では「仕事」だけの発想や繋がりでは限界があるのも事実です。


今は、仕事、家族、プライベートのバランスが求められる時代です。


そういうことを理解して、トップ、そして管理層から意識を変えることがとても大切ですね。


定時帰りのやり手女とやる気だけ男。役立つのは

苦情を言うのはいいけれど・・・PageTopより良い眠りをえるために

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1204-224e5c61

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示