Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

名前をつけて見ませんか?

親や家族などの介護のために、やむを得ず仕事を辞める介護離職が増加しています。


介護に直面する労働者は、企業において中核的な人材として活躍している場合も少なくありません。


仕事と介護を両立できる職場環境の整備を図り、こうした人材の離職を防止することは、企業の持続的な発展にとって重要な課題となっています。


と、いうこともあり、厚生労働省は、企業が介護離職を未然に防止するため、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組むことを示すシンボルマークを作成し、仕事と介護を両立しやすい職場環境の取組への関心及び認知度を高め、介護離職を防止するための取組に向けた社会的気運の醸成を図っていこうとしています。



そのシンボルマークがこれ



シンボルマーク


こちらのマーク、一般公募されていて、仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進のためのシンボルマーク選考委員による厳正な審査の結果、応募総数33作品の中から、駒井瞭さん(大阪府)の作品が選ばれました。



この作品の意味すところは



「 WORK(仕事)の「W」とCARE(介護)の「C」の文字を組み合わせて、右手を高く上げて充実した仕事をする人が、左手で介護の手を差しのべて、仕事と介護を両立出来る職場環境の明るく元気な姿を、誰にでも一目見てよくわかり、広く親しみ愛されるようよう、キャラクター的にデザイン。
赤は仕事と介護の両立支援に燦然と輝く希望の太陽とみなぎる活力を表現し、これは21世紀をリードする仕事と介護の両立支援が出来る職場環境が力強く飛翔発展する勇姿を象徴したものである。」



なんだそうです。



たった、33作品の中から選ばれたものをシンボルにしてよいのか?という突っ込みは横に置いておいて、今回、あらたに、このシンボルマークのネーミングが募集されています。


応募期日は5月20日。


「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のための シンボルマーク愛称募集要項



意外に競争倍率も少なそうですので(そりゃそう、密やかにHPで募集しているくらいだと思うので、身内以外は知りようがないかも)、応募してみては如何でしょうか?



ロゴマークをうまく使って、働きやすい職場のPRにつなげていきたいものですね。


仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進のためのシンボルマークの活用について


仕事と介護の両立支援 ロゴマークマニュアル


介護離職を予防するための職場環境モデル~仕事と介護を両立できる働き方の方策~

小規模事業者持続化補助金PageTopスマホをやめて会話力アップ!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1221-2de818ae

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操