Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

70歳から74歳の方の医療費の窓口負担についてのお知らせ

【窓口負担の見直し】

70歳から74歳の方の窓口負担は、平成18年の法改正により平成20年4月から2割とされていますが、特例措置でこれまで1割とされていました。


しかし、この特例措置により70歳から74歳の方の負担が前後の世代に比べ低くなるという状況があり、より公平な仕組みとするため、平成26年度から見直すこととなりました。

 
見直しに当たっては、高齢の方の生活に大きな影響が生じることのないよう、
 

[1] 
平成26年4月以降新たに70歳に達する方(69歳まで3割負担だった方)から2割とし、既に70歳になっている方は1割に据え置く
 

[2] 
月ごとの負担限度額を定める高額療養費について、特例措置により低く設定していたこれまでの負担限度額を据え置く


こととなりました。



具体的な見直し内容は以下のとおりです。



平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方 (誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

→ 70歳となる誕生月の翌月(各月1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担は69歳までの3割から2割。
(例えば、平成26年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、4月まで3割負担、5月から2割負担に。)


→窓口負担には月毎の負担限度額があるが、70歳から2割負担となる方は、69歳までと比べて負担限度額が下がる。



→一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担。


窓口負担_convert_20140501092638


平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎える方 (誕生日が昭和19年4月1日までの方)


→ 平成26年4月以降も窓口負担は1割のまま変わりません。


→ 窓口負担の月ごとの負担限度額も変わりません。


→ 一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。



高額療養費の自己負担限度額について


→ 高額療養費の負担限度額はこれまでと変わりません。


◆70歳から74歳の高額療養費自己負担限度額

自己負担限度額_convert_20140501093030


※1 収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合を含む。

※2 2割負担の場合は政令本則で、62,100円(外来24,600円)としていた。


医療機関を受診される70歳から74歳の方へ(お知らせ)



社会保障に関する財政が厳しい中、もともと2割負担だったものがやっと今回正常に戻された形です。


これからの少子高齢化の進展は一層財政を厳しいものにしていく事が目に見えています。


だからこそ、痛みを国民全体で分かち合い、持続的に制度を維持できるよう、努力していく必要があります。


しかし、今回は、すでに70歳になっている方は対象から外されています。


恒例になってからの負担が大変という事はわかりますが、時代背景を考えると、若いうちにたくさんお金をためている層だけに、一定の所得の方への配慮は必要なものの、全体を2割に引き上げる事が必要だったのではないかと思います。


今回の抜け道ありの法改正のおかげで、保険料削減効果はかなり減ってしまったと言われていますので・・・

スマホの利用は要注意PageTop新しく始まった産前産後休暇中の社会保険料免除対応

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1225-5dad7028

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示