Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

サービス残業と生産性の問題

近年、ブラック企業ブームです。



しかし、ここにきて、その勢いも少し衰え、冷静に真偽を考えようというような風潮も見え隠れします。



また、そんな中で、政治の世界では、「ホワイトカラーエグゼンプション」の導入が再度浮上してくるなど、労働時間に関する話は話題に尽きることがありません。



何故、この部分、労使の主張がそれぞれ折り合わないのか?



この点について・・・・ 経営コンサルタントの大石哲之さんがサービス残業と生産性の関係を通してとても分かりやすく説明してますのでご紹介いたします。




以下、J-CASTより抜粋
【生産性と労働時間の関係】

日本のホワイトカラーはそもそも生産性が悪いということを前提としないとこの議論はできない。



日本生産性本部の、労働生産性の国際比較2010年版によれば、OECD諸国とくらべた日本の生産性は次のとおりである。


生産性の関係


比較対象として米国を100として考えると、日本の生産性はおよそ70%である。


業種でばらつきがあるものの、もっとも良い金融仲介で 87.8%、卸小売 42.4%、製造業で 70.6% (これが日本のほぼ平均)、電気ガス 61.0% 、ビジネスサービス50.8%、運輸 48.4%。


いわゆるワタミなどの外食、飲食、宿泊産業は、なんと37.8%である。


しかし、日本人は、米国と比べて同じような賃金水準を保っているのではないか。なぜそれが可能なのか。


理由は簡単だ。



生産 = 生産性 ×労働投入時間



とすれば、調整できる変数は一つしか無い。そう、労働投入量(労働時間)である。


たとえば、米国の70%の生産性で、同じ生活水準を得たければ、1÷0.7 = 1.42倍はたらかないと辻褄があわない。


一日の労働時間 8時間に、1.42をかけると



8 ×1.42 = 11.36



つまり、11.5時間の労働投入があれば、7割の生産性でも、100のアウトプットがえられる。


これを労働時間にしてみると、9時~17時ではなく、9時~20時半まで働けということだ。この9時~20時半というのは、およそのホワイトカラーサラリーマンの労働時間の実感値にまさにピッタリ来る。実にピッタリだ。



外食などのような40%の生産性の場合、一日20時間働く必要がある計算になる。



朝6時出社深夜2時帰りで20時間。



日本人にとっては、生産性をあげるという頭を使ったりイノベーションが必要なことを行ったりするよりも、長時間労働という精神的にがんばればなんとかなるほうが日本人にとってはなにかと楽なのではないか。



日本は、労働時間の延長という手段によって、先進国としての所得を手に入れたのだ。



日本の所得は他の先進国に額面では並んでいるが、それは8時間で達成できていない。



もし本当の労働時間あたりで比較したら、他の先進国の70%くらいの所得水準になってしまうので、カラクリを用いる。



額面をならべて、労働時間は8時間とするかわりに、帳簿外の3時間半はないものとして、簿外処理するわけだ。


なので、悲しいことだが、給与の額面(=米国に匹敵する)は8時間労働にたいしてではなく、12時間労働に対してのものだと考えたほうが良い。法律のたてまえ上、8時間ぶんの給与として表示されているが、実際はそれは11時間半ぶんの給与なのだ。



3時間半は簿外の処理で辻褄をあわせる。だから「サービス残業」とかいう名前がついている。



こういう事情だから、単に法律を杓子定規に適用して、サービス残業を糾弾しても、こんどは当の企業が崩壊してしまうだろう。


本質的には、生産性をあげるしか無い。



ほんとうに8時間で、米国並みの生産性を達成すれば、自ずとサービス残業は減るはずだ。




日本人は慣例的に、時間外労働を励行する文化がありました。



また、「仕事」一筋といった価値観が美徳と捉えられることもあり、逆にいえば、このような勤勉な姿勢が、どの国も無しえない、技術者集団としての地位を作り上げている側面があります。



しかし、こと生産性の観点から見ると、非常に非効率な事が多いのも事実。



「仕事は盗んで覚えるもの」なんていうことを言う人もまだまだ少なくありません。



今、若い人たちは、徐々に、ワークライフバランスへの考えが当たり前になりつつあります。



よって、生産性は働く層の変化によって、意識も変わり、今後少しずつ生産性も上がってくるのでは、そしてサービス残業は減ってくるのではないかな~~、と期待したりすることもあるのですが、その為には、そもそもの会社全体としての意識を変えていく事は必要不可欠です。



「昔は半ドンやった、わしらの時は徹夜で仕事をしたもんだ」



そんな気持ちは、別に置いて、労使が共に効率化に意識を向けていく事が大切なのではないでしょうか?


生産性

解決金は100万円未満?PageTop統合失調症がやってきた

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1237-1237a770

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操