Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

学習する組織 (お勧めの一冊)


本日のお勧めの一冊は「学習する組織」(ピーター・M・センゲ 著)です。


もう20年以上前に出版された古典書ともいえるものですが、ここで提唱されている「学習する組織」の概念は古めかしいものではなく、今でも非常に説得力にあふれています。


数年前に本書を読み、組織のあるべき姿のヒントを得る事ができ、非常に強い感銘を受けたのを覚えています。


本書ではグローバル社会に入り、環境が目まぐるしく変化する市場の中での競争優位は個人と集団の両方の継続的学習から生まれる、と指摘しており、その為にどうあるべきかという事を提唱しています。


本書の内容の紹介を少し・・・


「学習する組織」とは目的を達成する能力を効果的に伸ばし続ける組織であり、それを組織構成員が望む未来の創造で成し遂げる為、環境変化による様々な衝撃に耐え、復元するレジリエンス(しなやかさ)を持ち、環境変化に対応できるよう、自らを学習によってデザインし、進化し続ける組織です。


それを構成する要素としてセンゲは次の5つの構成要素があると言っています。


① システム思考
センゲの組織研究のアプローチは一貫して、組織を独自の行動様式と学習パターンを持つ一個の生きた存在と捉えるシステムアプローチです。

彼は、問題を頻発させたり成長を抑制したりする反復性のパターンをマネジャーが見抜くのに役立つ「システムの原型」の考え方を紹介しています。

② 自己マスタリー
現代のマネジャーは誰でも個人のスキルや強みを開発することの大切さを認識していますが、センゲはこの考えからさらに一歩踏み込んで、学習する組織における個人の心の成長の重要性を強調しています。

真に心が成長すれば、現実をよりはっきりと認識するようになること、心の成長は現実をもっとはっきりと見据えることを教え、ビジョンと現実との違いを際立たせることにより、創造的な緊張関係を生み出すと言っています。

そしてこの緊張関係から効果的な学習が生まれるとしているのです。

センゲ自身の言葉を借りると、学習する組織とは「自分が大切だと思うことを達成できるように自分を変える」ことにより「自分の未来を創造する能力を絶えず充実させている人々の集団」という事が言えます。


③ メンタルモデル
システムアプローチの次なる要素としてセンゲが強調しているのは、メンタルモデルです。

これは、マネジャーたちに組織の価値観や理念を裏で支えるメンタルモデルを構築することを要求するものです。

センゲは読者に、組織レベルで培われてきた既成の思考パターンの影響力の大きさに注意を促し、これらのパターンの性質を検証するオープンな仕組みづくりが必要だと説いています。


④ 共有されたビジョン
真の創造性やイノベーションは集団の創造性に基づきます。

また、集団がよって立つビジョンはメンバーの個人的なビジョンの上に構築されるはずです。

メンバーが集団のビジョンを自分と切り離すことなく考え始めたときにビジョンの共有が起こる、この事を理解する事が非常に大切なこととなってくるのです。


⑤ チーム学習:
効果的なチーム学習のためには、「ダイアローグ」(dialogue)と「ディスカッション」(discussion)という2つの異なる対話方法をうまく使い分けることが必要だとしています。

ダイアローグ(意見交換)は問題点をどんどん探し出してゆくことであり可能性を広げるものですが、ディスカッションは将来の意思決定のために最善の選択肢を絞り込む作業です。

これらの2つのプロセスは相互補完的ではあるが、別々のものとして考えなければならないのですが、残念なことに、両者を意識して使い分けられるチームはほとんどないため、警鐘を促しています。



近年、チームビルディングの大切さ、理念経営などが数多く提唱されています。そんな考えを先駆的に提唱していたのが本書ではないかと考えています。


センゲは自身を「理想主義的な現実主義者」と評していましたが、現実社会の組織は彼の提唱の流れに沿って進化しようとしており、センゲの分析力の高さをあらためて最近感じるのでした。


ご興味のある方は是非・・・



学習する組織――システム思考で未来を創造する学習する組織――システム思考で未来を創造する
(2011/06/22)
ピーター M センゲ、Peter M. Senge 他

商品詳細を見る



国家戦略特区と労働時間法制PageTopちょっとおすすめこのお店 119 (志津香)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1243-2b6539b8

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操