Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

年金の持続可能性


先日、厚生労働省が発表した5年に一度の財政検証の結果が話題になっていますが、今回は年金の持続可能性について考えてみたいと思います。


ドイツの保険・金融グループ(アリアンツ)傘下のアリアンツ・グローバル・インベスターズが、4月4日に2014年版年金持続可能性指数(pension sustainability index 2014)なるものを発表しています。



英語ですので、少し読みにくいかもしれませんが・・・2014 Pension Sustainability Index


これを見ると、とても残念なことに、日本の年金の持続可能性は世界50ヶ国中、タイ(50位)、ブラジル(49位)に次ぐ最下位ランクの48位に位置付けられています。


48位



これは、メキシコ、中国など、新興国も下回り、制度自身が長期的に持続不可能で、年金制度の改革が必須という位置づけで評価されています。


世界の国々は年金制度改革を着々と進めており、そういった国は高順位となっています。


トップ3は、オーストラリア、スウェーデン、ニュージーランド。


デンマークは6位、


米国は8位です。



また、別の持続性を見る指標として米国マーサーが、2013年10月7日に発表した2013年度グローバル年金指数ランキングというものがあります。


これは「十分性(Adequacy)」、「持続性(Sustainability)」、「健全性(Integrity)」の平均評価値が指数化しランキング化されたものですが、これでも日本は20か国中17位と低位置に評価されています。


17位


マーサー「グローバル年金指数ランキング(2013年度)」


内外から非常に厳しい声があげる年金ですが、年金受給開始年齢の引き下げ、支給額の調整、社会保険適用拡大による社会保険料の徴収等、様々な改革が急務の課題です。


ただ、ここで気になることが一つ。


安倍政権は年金の財政改善の一つの手段として、年金積立金のリスク資産運用を拡大させる方針を明らかにしています。


年金積立金管理運用独立行政法人


追い詰められて人が、「ばくち」に走り、身を滅ぼす。



そんなことがないように、と、ただただ祈るばかりです。


今後のアベノミクスによる経済の成長、ここが生命線となってきます。

ちょっとお勧めこのお店 122 (花クジラ)PageTop外国人労働者問題啓発月間

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1262-10438889

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示