Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

幸せは自分で招く?

唐突ですが皆様は幸せですか?


仕事柄、私はいろんな立場、年代の人とお会いするケースが多いのですが、そこで感じることは、人生がうまくいかれている人ほど、「自分は運がいい、この事にとても感謝している」というような事を口にされるという事です。


よく、ポジティブに考え、自分が幸運な人間だと信じることは、実際に幸運になるかどうかに大きく影響する可能性があるといいますが、「そうなのかも」と感じることも少なくありません。


これに関して、ナショナル・ジオグラフィックが面白い実験を行っています。


幸福



最初に道行く人々に対して、自分を幸運だと思うか、不運だと思うかを尋ねます。


次に、それぞれに新聞を手渡し、この新聞に載っている写真の数を10秒以内に数えることができたら、20ドルの賞金をプレゼントすると伝えました。


すると驚くことに、「幸運」な人々は、「不幸」な人々と比べて、賞金を持ち去る人が3倍多かったそうです。


信じるだけで、ラッキーになる???


どうもその秘密は、物事に対処するやり方にあったそうです。


実は、新聞の2ページ目に、同番組のホストが写っている写真があり、「7枚の写真を見たとインタビュアーに伝えれば20ドルを差し上げます」と被験者に指示する吹き出しが付いていました。


そして、自らを「幸運」だと言う人々は、この吹き出しに気づく確率が高かったそうです。


その理由として考えられるのは、自らを「幸運」だと言う人々とは、予想外の機会や、突然巡ってきたチャンスに対してオープンであり、それらを進んで受け入れるタイプの人たちだったという事が上げられています。


このナショナル・ジオグラフィックの実験は、有名な心理学者リチャード・ワイズマン氏が以前に行った実験を真似たもので同氏の実験でも、自らを「幸運」だと考える人が勝つ結果となっていました。


ワイズマン氏は、自身の著書『運のいい人の法則』の中で、次のように分析しています。


「幸運な人々は、人生において新しい体験を進んで受け入れる。(中略)彼らは慣習に縛られることが少なく、予想外のことが起こりそうな雰囲気を好む。また、自分を幸運だと考える人は、人生のあらゆる側面で幸せをみつける(逆に、自分を不運だと考える人は、人生のあらゆる側面で不運さをみつける)」


つまり、幸運とは実は、コイントスで偶然勝つかどうかというような「確率」の問題ではなく、「選択」の問題ということができます。


可能性を信じる楽観的な態度で状況にアプローチし、出くわしたチャンスを生かすという姿勢を、自身が積極的に選択するかどうか、ということが大切だということを、これらの実験は示しています。


皆様は、「幸運」を選んでいますか?

ちょっとお勧めこのお店 123 (キャトルラパン)PageTop決められるのではなく、自分たちで『創る』事が大切!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1268-db352b38

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示