Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

出張費削減の為の対応策


出張旅費って、必要ですが、重なると結構大きな出費ですよね。


そんな出張旅費の取扱いについて、一般財団法人労務行政研究所が「国内・海外出張旅費に関する実態調査」の結果なるものを公表しています。

この調査は全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3417社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)298社の合計3,715社を対象として行われています。(回答があった226社の集計)


この中に、国内出張費用の削減状況およびその内容について取り上げられている部分があります。


最近3年間で国内出張費用の削減を行った企業は33.6%に止まってあり、65.5%は削減していないと回答していて、過去の同調査が概ね50%の企業で削減を行っていたので、このあたりは景気の回復が反映されているように見受けられます。


出張旅費


また、削減の内容について見てみると、次のように変化しているようです。


[2000年]
1位 回数券の利用(55.9%)
2位 宿泊から日帰り出張に切り替え(39.8%)
3位 出張回数(人数)の削減(35.6%)
4位 ディスカウントチケットの活用(33.1%)
5位 グリーン車の利用制限(28.0%)

[2014年]
1位 日当の見直し(43.4%)
2位 宿泊料の見直し(35.5%)
3位 テレビ・インターネット会議の導入・活用(30.3%)
4位 出張回数(人数)の削減(18.4%)
5位 ディスカウントチケットの活用(13.2%)


これを見てわかるのは、削減方法が2014年はいずれも根本的な部分を見直されている点です。

また、ITの普及により、コンタクトの取り方そのものも変えています。

 
この14年間で飛行機の利便性が格段に向上し料金が低下されています。


また、インターネット技術の進歩により、通常の打ち合わせ程度であれば、互いの会議室をネットで結ぶことで出張が不用にもなりつつあります。


技術革新等環境変化により、そのコスト構造も劇的に変わることがわかりますね。


出張におけるグリーン車と航空機の利用基準を調査

部下を平等に扱ってはいけない?PageTop実質賃金は下がっている

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1295-e8750237

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示