Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

悩んでませんか職場でのセクシャルハラスメント


本日、厚生労働省が、ハラスメントで悩んでいる方向けの、ハラスメント対応マニュアルを発表しています。


内容は次のような感じです。


【セクシュアルハラスメントの被害にあった時ははっきりと拒絶しましょう】

不快と感じる性的な言動を受けたときは、はっきりと拒絶の意思を相手に示し、その行為がセクシュアルハラスメントだということを相手に伝えましょう。

我慢したり、無視したりすると事態をさらに悪化させてしまうかもしれません。セクシュアルハラスメントは会社全体の問題です。問題を解決していくことが、悩んでいる他の人を救うことにも繋がります。


⇒ 
これができないから、困っているんですけどね。
職場の上下関係、キャリア、人間関係などが複雑に絡み、責任感がある人などは周りに迷惑をかけてはいけない、などと我慢する事さえあります。

被害者本人にも毅然とした態度を求めることは必要ですが、それ以上に、周囲の人たちがセクハラを拒絶しやすい、環境や雰囲気を作って行くことが大切ですね!!


ハラスメント撲滅
裏でこんなことしちゃダメですよ!!


【まず会社の窓口にご相談ください】

自分で解決しようとするのではなく、速やかに会社の相談窓口担当者や信頼できる上司に相談し、会社としての対応を求めるようにしましょう。

取引先や顧客などからセクシュアルハラスメントを受けた場合も、自分の勤める会社に相談してください。労働組合がある場合は、労働組合に相談する方法もあります。

⇒ 
これも、所詮は社内の人間の為、相談しにくい事も。
社内相談窓口以外に外部の相談窓口を設けることも一つですが、相談者のプライバシー保護の仕組みや相談対応社への研修を実施するなど、社員からの信頼される窓口の構築もとても大切です。
 「とりあえず、形式的に作って置けばいいや」は意味を成しません。


上記のような取り組みを実現するためには、必須なのはトップ層の意識改革。


経営幹部から「ハラスメントは許さない」という強いメッセージを発信して、改革を促さないと、本当の意味でのハラスメント対策はなかなか浸透しません。


ハラスメントの起きない職場は、離職率も減り、能力も発揮しやすくなり、優秀な人材確保にも有効なはず・・・


経営の観点からも、ハラスメントの取り組みはとても大切。


これからは、このような取り組みの差が企業の優劣をつけていく時代。


本気になってハラスメント撲滅に取り組ンでみませんか!!


職場でのセクシュアルハラスメントでお悩みの方へ


悩んでいませんか?職場でのセクシュアルハラスメント

ちょっとお勧めこのお店 128 (チッチーノ ciccino)PageTopパートタイム労働法改正に伴う省令・告示について

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1303-5ed24317

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示