Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

平成26年度地域別最低賃金の動向

昨日、第42回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられ、公表されています。


ここの所、グングン引き上げられる最低賃金。


大阪を例に出せば、数年前までは700円台で可能だった雇用が、今や800円を下回る事ができず・・・


中小零細企業にとっては年々の人件費負担が非常に重くのしかかってきています。


そんな流れの中、今年度はどうなるのでしょうか?


答申の内容は下記の通りです。


(ランクごとの目安)
各都道府県の目安については、下記(1)の金額とする。

(1) ランクごとの引上げ額は、Aランク19円、Bランク15円、Cランク14円、Dランク13円
   (昨年はAランク19円、Bランク12円、C・Dランク10円)。

(2) 生活保護水準(※)と最低賃金との乖離額については、参考2のとおりであり、今後の
   最低賃金と生活保護水準の比較についても、引き続き比較時点における最新のデータ
   に基づいて行うことが適当。

※ 平成20年度の答申別紙1の公益委員見解に基づき、対象地域の生活扶助基準(1類費+2類費+期末一時扶助費)の人口加重平均に住宅扶助の実績値を加えた額


<各都道府県に適用される目安のランク>

Aランク (19円)
千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

Bランク (15円)
茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

Cランク (14円)
北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡

Dランク (13円)
青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

という事で、去年なみ、もしくはそれ以上に引き上げが実施されそうです(T_T)


最低賃金 
最低賃金が変わったのを忘れてそのままにしない様に要注意!!




この答申は、今年の7月1日に開催された第41回中央最低賃金審議会で、厚生労働大臣から今年度の目安についての諮問を受け、同日に「中央最低賃金審議会目安に関する小委員会」が設置され、5回にわたる審議を重ねて取りまとめられた「目安に関する公益委員見解」等を、地方最低賃金審議会に示したものです。


今後は、各地方最低賃金審議会で、この答申を参考にしつつ、地域における賃金実態調査や参考人の意見等も踏まえた調査審議の上、答申を行い、 各都道府県労働局長が地域別最低賃金額を決定 することとなります。


なお、 今年度の目安が示した引上げ額の全国加重平均は16円(昨年度は14円) となり、目安額どおりに最低賃金が決定されれば、 生活保護水準と最低賃金との乖離額は全都道府県で解消 されるそうです。


昨年同様、賃上げを政府が掲げている流れの中で、強い引き上げが予想される最低賃金ですが、その根拠に引き合いが出される、生活保護。


「生活保護」に合わせて、最低賃金を引き上げえる理論ってなんだか本末転倒な気がしますが・・・

表紙

平成26年度地域別最低賃金額改定の目安について(答申)

平成26年度地域別最低賃金額改定の目安に関する公益委員見解

最低賃金制度と地域別最低賃金額の改定に係る目安制度の概要

目安審議及び地域別最低賃金審議の流れ

地域別最低賃金の全国加重平均額と引上げ率の推移

平成25年度地域別最低賃金額改定状況

後継者不在が半数を超えるPageTop働き方の多様化??

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1314-1f5a1117

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操