Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

働き方の多様化??


先日、面白い求人サイトを見つめました。


その名も・・・「ゆるい就職


この求人は、25歳以下の若者を対象としていて、「週休4日で月収15万」、つまり週に3日働けば月に15万円もらえる!という新しい働き方を提案する、というものです。


緩い就職


社会環境が成熟した北欧などの国々では、大学入学の平均年齢が22歳(日本は19歳)、新卒の平均年齢は28~29歳(日本は23歳)となっていて、日本に比べるとかなり高くなってきています。


日本と違い、高校を卒業したらすぐ就職というのではなく、18歳で高校を卒業してから大学入学までの数年間、外国へ適当に遊びに行ったり、色んなアルバイトをしたりして時間を過ごします。


この間、積極的に多様な出会いや経験を通じて自分の将来について考え、その上で大学に入って、その後30歳くらいまでに様々なかたちで就職するというのが欧米ではよく見受けられる就活シーンです。


私の海外の友達も、大学を卒業して、ほとんどはすぐには就職をしていませんでした。


日本の慣例では、「卒業時には就職が決まっている」という話をすると、アメージング!!と驚かれたほどです。


彼らにとって20代という10年間は、自分を模索するための試行錯誤の猶予期間、健全な「モラトリアム」という考え方があるのかもしれません。


本サイトの提案者は、日本の若者の中にもこのような価値観を持つ人が出てきているでしょう、という事でこのような形の求人を実験的に始めたそうそうです。


私は個人的にはこの求人は、「う~~ん、大丈夫?」という感じ。


一定の能力を担保で来ている人だったらいいですが、そうでない人が20代をモラトリアムに使うと、その楽しさから抜けられなくなって、社会になじむ為に一番大切な時期に、社会的常識を身につける事ができず、人生そのものをモラトリアムにしてしまう可能性があると感じるからです。


特に、今の日本の就職事情を考えると、モラトリアムの間に真剣に自身を見つめ、かつ、経験と能力を身につける気持ちが無いと、中途半端にはできないような気がします。


ただ、いろんな価値観が出てくるということは、いいな~~、と思うのでした。

平成26年度地域別最低賃金の動向PageTop厚生年金保険料は払っているのに記録にない (T_T)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1315-62dfcabd

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示