Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

後継者不在が半数を超える


帝国データバンクが興味深い結果を発表して話題になっています。


それは、中小企業における後継者に関するデータ。


調査(全国28万4412社が対象)によると、社長が60歳代の国内企業のうち、53.9%は後継者が不在なのだそうです。


売り上げ規模別では「1億円未満」の小規模企業の割合が76.6%。


中小零細企業のあいだでとくに後継者難の傾向が強いことが見て取れます。


社長の年齢が「70歳代」では42.6%、「80歳以上」でも3社に1社にあたる34.2%が不在だったほか、後継者がいる企業の後継者の属性は、「子供」が38.4%で最多。「配偶者」「親族」とあわせ、同族が約7割に達するそうです。


業種別でみると、サービス業の後継者の不在率が70.4%と最も高くなっています。


後継者



後継者問題って難しいですね。


経営者自身も自分が行ってきた苦労や、辛さを考えると、可愛い子供に後を継がせたくない思いと、でも自分の愛着する会社を誰かに引き継いでほしい、という思いの狭間で心が揺れ動き、なかなか次世代を決めきれずに時間だけが過ぎていく、なんて言うことも少なくありません。


ただ、考えないといけないのは「技術」の問題。


中小零細で人数が少なく、売上が少ないところでも、何十年もかけて磨いた、そして築き上げてきた凄い技術を持った企業が結構たくさんあります。


うまく後継がすすまず、これらの技術が一度なくなってしまうと、二度と取り戻すことはできなくなってくるため、このあたりは、その会社一社の問題ではなく、業界や国の問題としても対応が必要な部分があります。


後継問題に関しては国もいろんな取り組みを数年前から行ってきていますが、この結果を見るとなかなか簡単に解決できる問題ではない事がよくわかります。(この調査結果発表自体も、後継を促すプロパガンダかもしれませんが・・・)


60 歳代の社長、半数強が後継者不在

第3回ブラック企業大賞PageTop平成26年度地域別最低賃金の動向

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1316-78af0bdc

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操