Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

大企業と中小企業のベアを見比べる

先日、経団連が今春昇給調査の最終集計結果と中小企業の最終集計を公表しています。


それぞれの定義は次の通り。


大手企業・・・原則として東証一部上場、従業員500人以上、主要20業種大手247社(そのうち109社の集計結果)

中小企業・・・原則として従業員数500人未満の17業種741社(そのうち477社の集計結果)


それぞれの結果は次の通りでした。


大手企業 昇給平均は総平均で7,370円(アップ率2.28%)
       昨年実績は5,830円(1.83%) → ベア実施により大幅増
       業種別  【製造業平均】7,421円(2.35%)  【非製造業平均】 7,127円(2.00%)


経団連「2014年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況[最終集計]


中小企業 昇給平均は総平均で4,416円(アップ率1.76%)
       昨年の実績は4,085円(1.63%) → ベアは限定的とみられる
      、業種別  【製造業平均】4,704円(1.84%)  【非製造業平均】 3,725円(1.56%)


経団連「2014年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果(最終集計)」


日本の企業の多くは中小企業といわれています。


大企業はほんの一握りであることを考えますと、マスコミ等で騒ぐほどベアアップには至っておらず、風評が先行していることが読み取れます。


景気は緩やかに回復してきている、というのが政府の見解ですが、実はベアは限定的であったと考えられる中で、消費税だけがあがり、実質賃金が低下している現状は考えると、このまま更なる消費税の引き上げをしてよいのか、慎重なかじ取りが求められます。


実質賃金 こんな感じ!!



たとえ賃金が上がったとしても、それに伴い社会保険負担が比例的に上がる現状も考慮して、可処分所得の観点から物事を見てほしいものですね。

ちょっとお勧めこのお店 132 (毛利志満)PageTopビジネスゲームと人材育成

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1331-b69feec0

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示