Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

大切にしていますか、ワーク・ワイフ・バランス(言葉の間違いじゃないよ!!)

「ワーク・ライフ・バランス」は最近よく聞く言葉ですが、これに伴い、「ワーク・ワイフ・バランス」も大切という話を聴きました。


「ワーク・ワイフ・バランス」とは、妻や家族と過ごす時間と仕事のバランスの事を意味する言葉で、欧米では既に使われているようです。


そして、「ワーク・ライフ・バランス」を達成するためには、「ワーク・ワイフ・バランス」を考える必要があると指摘されています。


2012年における日本の総実労働時間(パートタイムを含む)は1,765時間で、1998年の1,919時間からは減少していますが、就業形態別に見た一般労働者の総実労働時間は2012年が2,030時間で1998年の2,050時間と大きく変わっていません。


一般労働者の中には正規職の男性労働者が多いことを考えるますと、男性正規職の労働時間は以前とそれほど変わっていないか、もしくは長時間残業が常態化しているのかもしれませんね。


長時間労働が続くと、家庭に費やす時間がそもそも取れなくなりますおんで、ワークもライフもあったものではありません。


OECDが2014年に発表した調査結果によると、日本の15歳から64歳の女性は1日に家事や育児等、給料が払われていない仕事(unpaid work)に299分を使用していることに比べて、日本の男性は62分しか使用していないそうです。


ちなみにOECDの男性平均139分とのこと。


これって、すごく考えされられますね。


労働時間が長いと、家事や育児への参加時間どころか、妻や家族と会話する時間や過ごす時間も取れません。


これって、何のために働くのか、その目的を失いがちになってしまうような気がします。


家族 家族がいるから頑張れるってことありませんか?



実際、就職情報サイト「マイナビ」が2013年に実施した調査結果によると、回答者の約6割が夫婦の平日1日の平均会話時間が「1時間未満」と回答しています。


しかも、「15分未満」と答えた回答者の割合も25%にも達したそうです。


こうなると、「名ばかり夫婦」なんて言われても仕方がないかも(笑)


今のような流れの中で、「女性の社会進出」だけを声高に叫んでしまうと、結局は家族の崩壊に繋がってしまうかもしれません。


グローバル時代と言われる今、本当の「ワーク・ライフ・バランス」が満たされた社会をつくるためには、仕事の時間と妻や家族と過ごす時間の調和とも言える「ワーク・ワイフ・バランス」の概念を皆さんでシェアしていく事が、今後、大切になってくるのかもしれませんね。


実際、昔、先輩などと話をしていて、

「いつも仕事が遅いので早く帰ると居場所が無いので帰りたくない」 
とか、
「たまに早く帰っても何を話をしていいかわからんので、お前も一緒についてきてくれ」
とか、
「俺の顔をあんまりにも長い間見ていないので、たまに帰ると子供が「誰ですか、おじさん」と言ってくる」

なんて話を冗談でよく聴いたものです。


これって、ワーク・ワイフ・バランス全く取れてませんね(笑)

子育てとビジネスは繋がるPageTop「私はレベル○○」ゲームでの経歴が就職に繋がる?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1336-57816ac7

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示