Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

子育てとビジネスは繋がる

先日から、ワークライフバランス等について取り上げていますが、これらについて、経営者はどのように捉える必要があるのでしょうか?


育児休業によって働いてもらうために雇用する社員が、長期の間戦線を離脱する可能性があったり、プライベートの充実と称して、仕事に割く時間を社員が押さえるようになったとき、一見、経営の観点から考えると悩ましく見えるかもしれません。


これについて、経営者で自身も実際に子育てに取り組んだ、サイボウズの青野社長が自身の体験から考え方事を述べていて、これが非常に興味深い内容でしたのでご紹介いたします。


以下、ハフィントンポストより


■育休を取って、子育てと経済が初めてつながった

第1子が生後6カ月だった頃に、2週間の育児休暇を取得して、そこで初めて気がついたことも多かったという青野社長。その中で、最も大きな気づきは「子育て」と「経済」がつながったことだという。


「仕事と家庭とどっちが大事かっていう議論がありますよね。自分が子育てをする前は、どっちも同じくらい大事だと思っていましたが、今は明らかに、子育てのほうが大事だと僕は思います。というのも、まず子育てをできる社会を作らない限り、次の世代が無いわけだから、経済も無くなりますよね。人がいなくなるということは、物を作って売ろうと思っても誰も買う人がいませんとなるわけです」


育児休暇の2週間、子供の世話でいっぱいいっぱいになったという青野さん。会社の状況をグループウェアで確認しつつも、何も仕事ができない辛い状況が続いたが、育休最後の日に「この子が将来、うちのソフトを買うかもしれないぞ」と閃いたという。子育てとビジネスがつながり、「今頑張って、子育てしなければ」と気づいた瞬間だった。


まず、子育てを“社会の基盤”と捉え、そこをサスティナブル(持続可能な)な状態にしなければ、日本の社会やビジネスにも未来はない。「『子育てをする人は、一番大事なことをしてくれている人』となるように、価値観を置き直す必要がある」と青野さんは語る。



■社会の仕組みを理解することで、仕事の視野が広がる

経済成長のために、子育てが重要であることはわかったが、では、子育てを経験することは、個々人の仕事にどんなメリットをもたらすのだろうか。


「例えば僕の場合、社長として意思決定するのが仕事ですが、今までは“事業を成長させる”という視点でビジネスの意思決定をしていました。ところが、子育てや家事に関わり、社会ってこうやって動いているんだとか、もっと言うと、人間ってこうやって世代をつないできたんだということがわかると、それまでとは意思決定の質が、全然違ってきました」


「自分がここで決めたことが、社会に対して、人類に対してどんな影響を与えるだろうかという視点が出てくるんですね。それが、良いことかどうかは長い目で見ないとわかりませんが、少なくとも視野は広がりましたね」


もちろん、一般の会社員だったとしても、子育てや家事を通して社会と接点を持つことが、仕事のヒントになりうる。例えば、一般消費者向けの商品やサービスを扱う企業なら、消費者のニーズに直接触れる機会になるからだ。



■男性が育休を取るなら、誰も取っていない今のうちに

また、政府の「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」に参加した青野さんによれば、女性の活用をはじめ、ダイバーシティ(多様性)や柔軟な働き方の重要性に気づいている経営者は確実に増えているという。その視点を経営に取り入れなければ、会社が今後イノベーションを起こせないと理解している経営者も多いそうだ。


「社会は今後、必ず多様な働き方を認める方向へと変わって行きます。そんな時代に、いち早く育休を取った経験を持つ男性は、それを武器にできますよ」と青野さんは語る。


「会社によっては、男性が育休を取得する制度はあるのに、会社の雰囲気がそれを許さない場合もあると思います。でも、もし自分が育休を取りたいと思っている人がいるなら『無理してでも、今取っておくべき』と僕は勧めています」


「もし、その会社で初めて育休を取った男性になれば、間違いなく、その人は伝説に残ります。今後、必ず社会はそういう方向に動きますから、10年後、人事部長になれると思います(笑)。その経験を武器に、転職できるかもしれません」


育休を取ることで、会社での風当たりが強くなるかもしれないが、それもすべて武勇伝に変わる。育休を取得したいと思っているなら「男性の育休が当たり前になる前に取ったほうが、絶対にメリットは大きい」と青野さんは笑う。


少子化・高齢化の問題を抱える日本。今後ますます多くの人が、育児や介護をしながら働くことになるだろう。日本は今、働き方の価値観が変わる過渡期を迎えている。


今後日本がどう変化していくのかを、きちんと理解して、目先の利益だけにとらわれずに、自分の働き方、家族や社会との関わり方を考えていくことが、自身のキャリアを広げていくことにつながるのではないだろうか。



ワークライフバランスについて、短期的なものの見方をすると、最初に述べたように、ワークライフバランスは問題、となるのかもしれませんが、大切なことは、それを問題視するのではなく「どのような仕組み」をつくるかであって、その「仕組み」を取り入れることが、長期的に見た企業の成長に繋がるのではないでしょうか?


ワークライフバランスがビジネスと繋がる



経営の前ではついつい、物事が数字や事象に遮られがちとなります。


しかし、その数字や事象の奥にあるものは「人の心の動き」です。


社員のモチベーションアップも、自社の商品の売り上げ増加も、「人の心」を無視して受け入れられるものではない事を考えれば、ビジネスマンの前に、「人としてどうあるべきか」を考えたとき、経営の未来についても、合理的な道筋が見えてくるのかもしれません。

雇用保険業務取扱要領・雇用保険事務手続きの手引きPageTop大切にしていますか、ワーク・ワイフ・バランス(言葉の間違いじゃないよ!!)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1337-982d8b2b

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操