Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

育児休業給付金の支給要件の改正

育児休業期間中は、現在は原則休みは与えるものの、賃金は支払わないという会社が圧倒的に多いと思われます。


その様なときの為に、雇用保険では、育児休業取得者本人に育児休業期間中の生活費の一文補てんを支給する育児休業給付金の制度を設けています。


この給付金については、現在、支給対象となる期間に、一定程度の勤務がある場合には、支給額が調整(減額)されたり支給されないという条件があり、例えば、その不支給の具体的条件として、支給単位期間(育児休業を開始した日から起算した1ヶ月ごとの期間)中に11日以上就業した場合などが設けられています。


育児休業



今回、この条件について、平成26年10月1日以降の最初の支給単位期間から取扱いが変更されることが厚生労働省から発表されています。


変更後は、支給単位期間中に10日を超える就業をした場合でも、就業していると認められる時間が80時間以下のときは、育児休業給付が支給されることになりました(^o^)丿


就業日数が10日を超える場合は就業時間の確認が行われることになり、支給申請書の他に、タイムカード、賃金台帳、就業規則など就業時間や休憩時間が分かる書類を提出することとなります。


今回の改正に併せて育児休業給付の支給申請書の様式が変わることになりますので、この点もご注意ください!!

育児休業給付金条件変更パンフレット

育児休業基本給付金 手引き

最低賃金が正式に公示されています。PageTopブラック企業は人種差別用語?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1349-ffb8d19c

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示