Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

資本主義の終焉と歴史の危機(お勧めの一冊)


本日のおすすめの一冊は「資本主義の終焉と歴史の危機」(水野 和夫 著)です。


資本主義は今、グローバル化が進み、混迷の時代を迎えています。


格差社会が世界単位で進み、一方、エネルギー問題等の課題も山積の今、資本主義世界は永遠不滅のものなのでしょうか?


本書では、このような疑問に真っ向から答えを捜し、現在の世界を取り巻く国債金利の動向や交易条件の変化などから、これからの資本主義経済の行方を分析し、日本の取るべき方向性を提案しています。


18世紀の経済学者アダムスミス、「資本論」のマルクス、経済学の大家、ケインズ、いずれも、成長を求めすぎるほど危機を呼び寄せてしまう資本主義経済の本質を早くから見抜き、行き過ぎた資本主義はいずれ文明を破壊させてしまうことを予測しているわけですが、まさに世界は今そのシナリオの入口に立とうとしていると、著者は指摘します。


効率化を求め続け、頑張りきれない矛盾を感じる人が増えているといわれています。


資本主義が進む中、「何かが違う」と感じている人も多いのではないでしょうか?


本書を一読して、「資本主義」の「より速く、より遠くに、より合理的に」という概念から少し距離を置いてみて、「よりゆっくり」「より近くに」「よりあいまいに」というような価値観について、今考えてみる必要があると感じるのでした。


ご興味のある方は是非・・・



資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
(2014/08/29)
水野和夫

商品詳細を見る

男女雇用機会均等法は本当に女性の社会進出を促すのでしょうか?PageTopちょっとお勧めこのお店 135 (福喜鮨)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1354-c1185bb0

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操