Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

死中に活を見いだす?

先日、次のようなコラムが掲載されていました。


(以下、プレジデントオンラインより)

「少数の素人に年金130兆円を任せる“アベノミクス”」
株価および現政権の支持率の下支え役とされる年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、60%(乖離許容幅±8%)ある国内債券比率を引き下げ、12%(同±6%)の日本株の比率を20%超まで引き上げるという。

GPIFについて、株式比率50%のカリフォルニア州職員退職年金基金に倣えとよくいわれるが、こちらは公務員年金であって国民年金ではない。資産規模もGPIFの5分の1程度だ。

米国の公的な年金制度は老齢・遺族・障がい保険を併せてOASDIと呼ばれる。年金として集められた資金(税金)270兆円規模が米財務省管理のもとSocial Security Trust Fund(社会保障信託基金)に預けられ、運用先はすべて元金と利子を米政府が保証する米財務省の「特別債」のみと法で定められている。収益機会と損失は表裏一体ゆえ、元本割れしない着実な投資先に限定すべし――市場主義の米国ですら、こと国民年金の運用となると、これだけ保守的なスタンスなのだ。


米国民年金を株式投資に晒すリスクは多々ある。株式市場の参入・撤収の際には大量の取引が発生し、市場価格に凄まじいインパクトを与える。政府による民間企業の運営に対し、株主としての影響が生じる。そうした政治的影響力を排除した投資形態を維持するには膨大なポートフォリオ管理とそのための相当数の人員が必要、等々を米社会保障庁が挙げている。


ちなみに、株式運用5割と高比率なのがカナダ年金制度。運用を行う連邦公社CPPIBの資産規模はGPIFの7分の1だが人員数は実に12倍以上。わずか80人程度のGPIFで約130兆円の巨額基金を積極的に運用するには組織の体制自体に無理がある。


この規模では、金融危機の際に株式の売却、撤退を迅速に行うのは至難の業。日経平均の上昇トレンドが開始して間もなく2年、震災直後の最安値を拾うならともかく、遅れてきた投資家として高値追いをするならこれは短期売買の典型だ。長期投資で売り場を考えずというなら、自身の投資スタンスも確立できていないことになる。入り口(参入)だけで出口(撤収)の話をしないのは素人の典型だろう。



上記の情報を前提とすると、生活に困った人がギャンブルに投じて元を取ろうとする、そんな感じに日本の年金制度の現状が見えてしまうのは私だけなのでしょうか?


投資に関する本をいろいろ読んでいますと、イロハの「イ」で必ずどの本にも書いてあるのは「投資は余剰資金で、余裕を持って」という感じの事なんですけどね~~。


切羽詰まると見えるものも見えなくなって失敗する事は多々あること。


まぁ、今回のような運用の背景には


「アベノミクスで必ず経済を成長させる。だからこれから株が上がるのだから、株式投資比率を高めても問題ないだろう!!それに、もし、アベノミクスが失敗して経済が破たんすれば、どうせ年金制度も行き詰まりなんだから・・・」


というような、死中に活を求める本音もあるのかもしれませんね。


どうすれば現状の年金制度や保険制度を維持しながら、負担のバランスを取ることができるのか・・・、一見、袋小路二も思える難題である事は間違いありませんが、論理的な積み重ねで活路をみいだしていきたいものです。


何事も、窮地の時こそ「頼る」のではなく、「自力でなんとかする」そういう姿勢が大切だと思うのですが・・・

シチューにカツを見いだす
こっちは「シチューにカツを見いだす」・・・ ごめんなさい <(_ _)>



おまけ・・・

全然話は変わりますが「死中に活を求める」というと次のような言葉を思い出しました。


「六中観より」

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。


一、忙中 閑有り。
ただの閑は退屈でしかない。真の閑は忙中である。ただの忙は価値がない。文字通り心を亡うばかりである。忙中閑あって始めて生きる。

二、苦中楽有り。
苦をただ苦しむのは動物的である。いかなる苦にも楽がある。病臥して熱の落ちた時、寝あいた夜半に枕頭のスタンドをひねって、心静かに書を読んだ楽は忘られない。貧といえども苦しいばかりではない。貧は貧なりに楽もある。古人に「貧楽」という語があり、「窮奢」という語もある。

三、死中活有り。
窮すれば通ずということがある。死地に入って意外に活路が開けるものである。うろたえるからいけない。それのみならず、そもそも永生は死すればこそである。全身全霊をうちこんでこそ何ものかを永遠に残すこと、すなわち永生が実現するのである。のらくらとわけのわからぬ五十年七十年を送って何の生ぞや。

四、壷中天有り。
世俗生活の中に在って、それに限定されず、 独自の世界即ち別天地をいう。後漢書方術伝・費長房の故事に出ず。

五、意中人有り。
意中の人というと、恋人の意に慣用するが、 ここでは常に心の中に人物を持つ意。或いは私淑する偉人を、 或いは共に隠棲出来る伴侶を、又、要路に推薦し得る人材をここというようにあらゆる場合の人材の用意。

六、腹中書有り。
目にとめたとか、頭の中の滓(かす)ような知識ではなく、 腹の中に納まっておる哲学のことである。

安岡正篤先生はこの言葉の後に、
「私は平生窃(ひそ)かに此の観をなして、如何なる場合も決して絶望したり、 仕事に負けたり、屈託したり、精神的空虚に陥らないように心がけている。」と言っていたそうです。



今のような時代だからこそ、うろたえずに、冷静に対応法を考えることが大切ですね!!

ユマニチュードってご存知ですか?PageTop生きづらさはどこからくるか(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1362-3c8b30e3

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操