Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

部下ののばし方 「褒める」「叱る」どっち?


公益財団法人「日本生産性本部」の「第3回『職場のコミュニケーションに関する意識調査結果』(2014年8月)」なるものを発表しています。


これによると、

「部下または後輩の育成を行っている」と回答した課長が81.8%だったのに対し、「育成に自信がある」という課長は40.8%という結果でした。

また、 「褒めることが育成につながる」と思っている課長が98.1%、「部下を褒めている」という課長は78.4%となっているのですが、一方で聴き手である部下の方はどうとらえているかというと、「上司は自分を褒める方だ」と回答した一般社員は48.6%にとどまったでそうです。


さらに「叱ることが育成につながる」と思っている課長が87.8%もいるのに対し、叱られると「やる気になる」一般社員は38.0%、「やる気を失う」一般社員は60.0%にも登っています。
(調査結果は、課長職417人、一般社員1045人から得た回答をまとめたもの)


上司と部下の意識にかなり隔たりがある事を見て取ることができます。


叱る



「悔しいという気持ちが無いのか!!」

「褒めるだけでは地力はつかない」

「仕事は自ら学ぶものだ」  等々


上司のいろいろ言いたい気持ちはわかりますが、「部下の仕事を通して目標を達成する事」が上司としての仕事であるという事を考えると、時代の変化、社員の変化に応じて対応を変えるスキルを持たないと、いい上司にはなれないのかもしれません。


特に、褒めてばかりでは結局響かずとはわかっていても、「叱れない」という上司が増えていて、近年は、部下の叱り方に関する記事をよく見るようになりました。(「叱らない」のと「叱れない」のは大きく違いますからね)


本日はその中からいくつかを紹介いたします。


部下を叱る2つのポイント

⇒ 叱ることの目的、その理由を丁寧に説明する大切さを伝えています。
   ・「○○をしてはいけない」+「なぜならば」と理由をセット
   ・「私は」を主語にする言い方をする(いわゆる アイメッセージと言われるやつですね)

部下を上手に叱る10のコツ

⇒ 叱るときの基本事項を10個紹介しています。まぁ、よく読むと、2つのポイントに通ずるものもあります。


まぁ、いろんなノウハウが出てくるということはそれだけこの問題に対して悩んでいる人が多いという証拠でなのでしょうね。


でも、私はこのようなノウハウももちろん大切だとは思いますが、一番大切なことは上司の「部下を本当に成長させたい」「一人前にしたい」という本気の熱い気持ちなのではないかと考えています。


この「気持ち」があれば、多少表現が下手くそで言葉が悪くても、伝わるものは伝わるのかな~と感じますし、その様な思いがあると、上記のノウハウのような行動に自然となるのかな~考える今日この頃です。


まぁ、人ひとり育てるのに、何年分かの寿命が縮まるような忍耐が必要ですが・・・(笑)

過労死等防止対策推進法の施行PageTop何事も程々に・・・

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1392-8c8f4b60

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示