Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

チョコレート中毒は健康にいい?

チョコレートってなんだか無性に食べたくなる時がありますよね。


でも、食べると太るし、いや脳にいいし、なんて悩みながら結局バリボリ食べてしまうわけですが(笑)


そんなチョコレートですが、食べ過ぎると砂糖と脂肪によって脳の報酬経路が誘発されチョコレート中毒になると考えられているそうです。


また、チョコレートを食べると、痛みの感覚の制御や報酬のメカニズムに関係するエンケファリンという神経伝達物質が放出されることもわかっています。


チョコレートを食べたいという欲求が強い人が実際にチョコレートを食べた時の脳内の活動は、ドラッグ中毒患者の脳内活動と非常によく似ていると言われていますので、チョコレートはドラッグと同じくらい中毒性が高いというこで、吃驚!!


チョコレート


ただ、このチョコレート中毒、意外に健康に悪いわけでもないようです。


アメリカの研究によると、運動習慣がありチョコレートを定期的に食べる人はBMI 値が低い傾向にあることがわかったそうです。


この研究は 20~85 歳の 1000 人以上を対象に行われたもので、対象者は平均で週 2 回チョコレートを食べ、3.6 回運動しました。


そして、対象者の中で平均以上にチョコレートを食べていた人は、BMI 値が低めで肥満の人が少ないという結果にりました。


なぜ、チョコレートを食べる回数が多い人は、BMI 値が低いのかはわかっていないそうですが、適度なチョコレートの摂取はメタボ防止にもつながるということです!!



またチョコレートの原料であるカカオには、ポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用があり、動脈硬化やがんが予防できることもわかっています。


さらに、さらに、チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれていて、神経を鎮める効果があり、独特の甘い香りには、リラックス効果や集中力・記憶力アップの効果があることもわかっています。


これだけ言い事づくしと聞けば、毎日でもチョコレートを食べたいところですが・・・、何事も「適度」が大切なわけであって、食べ過ぎはやっぱり「毒」になっちゃいますので、バリボリ食べるのはダメですよ!!


何事も適度に、ほどほどに、末永く楽しみましょう!!

ちょっとお勧めこのお店 142 (てんまり)PageTop受動喫煙対策はみんなのため?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1409-306320f1

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示