Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

日中関係は本当に最悪なのか(お勧めの一冊)


本日はもう一冊おすすめをご紹介。


「日中関係は本当に最悪なのか」(日中経済発信力プロジェクト・編)


懇意にさせて頂いている、中国で弁護士をしている先生が「あとがき」を書かれていて、その先生から先日頂いたのですが、これがかなり面白い。


自分の知らない日中関係について、知ることができ大変興味深い一冊でした。


本書では、中国に進出してビジネスをしている日本人が、その経験と苦労、自らの取り組みについて語っています。


例えば、次のような人たち


・読売新聞中国駐在編集委員 加藤 隆則さん
・「石川可鍛製鉄」中国法人代表 塩谷 外司さん
・DNP中国法人代表 伊藤 千尋さん
・着物スタイリスト 冨田 伸明さん
・ハウス食品グループ中国総代表 野村 孝志 さん
・博報堂シニアPRディレクター 青木 生さん


このような方々がそれぞれのビジネスの視点から中国の可能性について述べています。


冷え切った関係にあると言われる日本と中国。


マスコミ報道では中国でのビジネスはナンセンスというような感じのものが多く伝えられていますが、本当にそうなのでしょうか?


また、中国のマーケットとしての魅力、将来性についても、無視する事はできません。


本書を読むと、マスコミ報道は日中関係の一部分であり、十分に良好な関係を気づいている企業もたくさんあることを知ることができます。


また、友好関係を気づきながらともに発展をしていくためのヒントもたくさんあるので、どうすれば、中国でのビジネスをうまく継続していけるのか、そんなところにもお役にたてて頂けると思います。


先入観を捨て、現地でおきている事を直視していく事で、別の視野が開けそこに新たなビジネスチャンスを見致すことができるのではないかと感じたのでした。

ご興味のある方は是非・・・



日中関係は本当に最悪なのか―政治対立下の経済発信力日中関係は本当に最悪なのか―政治対立下の経済発信力
(2014/10/09)
日中経済発信力プロジェクト

商品詳細を見る



マタニティハラスメントを巡る最高裁の判決PageTop負けない日本企業(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1413-eb437a5b

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示