Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ADHDをご存知ですか?

なんだかいつも落ちつかず、仕事もミスやなくしものが多い。


期日や納期までに仕事をするのが苦手で、デスクも散らかりがち・・・というようなことはありませんか?


実は、これらの特徴、ADHDという障害の1つである可能性があるらしいです。


ADHDというのは、正式にはAttention-deficit / hyperactivity disorder:注意欠如・多動性障害と言うそうです。


年齢や発達に不釣り合いな不注意さや多動性、衝動性を特徴とする発達障害とのこと


ADHDは親のしつけや育て方によるものではなく、先天的なものと考えられています。



ADHDは、通常は小学校入学前後に発見されることが多いのですが、「ちょっと変わった子」として、一般的な教育課程を経て、社会人になってから発見されるケースもあります。


知能的にはむしろ高い場合も多く、「ちょっと変わったけど頭のいい子」として、良い大学から企業へ入社することもあるため、入社後に周囲との摩擦や仕事の成果を挙げられないことに悩むケースもあるようです。



ADHD.jpg



【もしかしてADHD?チェックリスト】

□落ち着かずに貧乏ゆすりなどが多い
□衝動買いをしてしまう
□会議中に不用意な発言をしてしまう
□周りに相談せずに、独断で重要なことを決めてしまう
□会議や仕事に集中できない
□仕事に必要なものをなくす、忘れる
□仕事の締切に間に合わない
□仕事を最後まで終えることが難しい
□仕事でケアレスミスが多い
□家事をしていても他のことに気を取られてしまう
□部屋が片づけられない
□外出の準備が時間までに間に合わない
□金銭の管理が苦手
(※参考 ADHD.co.jp https://www.adhd.co.jp/)



部下や同僚がADHD?と疑われ、仕事や職場の人間関係に大きな影響を及ぼしている場合は、まず職場の産業医(企業ごとに選ばれている医師)に相談することが大切です。


いきなり本人へ「ADHDの疑いがある」などと指摘してしまうと、本人も事実を受け入れるのは簡単ではありません。


結果、人間関係がこじれ、解決が難しくなることもあります。


本人が納得すれば、次のステップは専門医の受診となります。


診断に必要な受診先は、精神神経科。


産業医もしくは職場の管理者と相談の上、慎重に受診を勧めるのが最善の策といわれています。


ADHDの方には高い能力を持っているケースも多いため、人との折衝を避ければ、技術開発職などで能力を発揮することも十分期待できます。


大切なのは、周囲が正しい理解をもち、何とかこれらの人が自立できるようになるよう見守る姿勢ではないでしょうか?

社員は『人財』です!!みたいな当て字の影響PageTop採用とはどういうことなのでしょうか?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1423-5d969150

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示