Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

メタボは伝染する?

食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足・・・肥満の3台原因といわれています。


一度メタボっくるになると、なかなかこれを解消することはできないんどすが。


そんなメタボについて思いをはせていると、次のような研究結果を見つけました。


それは、「肥満がうつる」という驚くべき研究結果です。


太ったマウスと痩せたマウスを同じケージに入れて飼育したところ、太ったマウスの腸内細菌が痩せたマウスに移り、
痩せたマウスが太っていくという最新の研究結果が発表されているのです。


具体的には、太ったマウスの腸には「ファーミキューテス属」という菌がおり、この菌が食べ物の消化を促進し、同じものを食べていても消化・吸収しやすくしてしまう働きを持っているそうです。


逆に、痩せたマウスの腸には「バクテロイデス属」という菌の割合が多いことがわかっています。


まだ人間で実証されたわけではありませんが、例えば家族全員が肥満というケースでは、親の腸内細菌が子供に移り、
その結果、一家が肥満になっている・・・という可能性も十分に考えられるそうです。


これは、虫歯の原因となる歯周病菌が、知らず知らずのうちに親から子へ移っているのと同じ考え方です。


またこのほかにも、

・太った友人を持つ人はそうでない人よりも57%肥満のリスクが高い。

・双方が友人関係があると思っている場合、友人が肥満になると片方が肥満になる確率が171%も高まる。

このような米国の研究結果が発表されているようです。


これは先にお伝えしたような「菌の感染」が原因ではなく、「行動習慣や食生活の感染」が原因になっているとのこと。


親しい友人とレストランに行くと、ついつい同じメニューを頼んでしまったり、量を多く食べ過ぎてしまったりというような感じでしょうか?


相手がコーヒーとケーキを頼んでいたら、自分はダイエット中であるとは言えず、デザートを頼んでしまったり・・・。


そのようなことの積み重ねで、肥満が結果的に「移る」ように見えるわけです。


肥満


腸内細菌によって肥満が移る可能性については、まだ確定的とは言えないものの、虫歯と同じような対処をすると安心です。


具体的には、赤ちゃんへ自分のスプーンで食事をあげたり、親が噛み砕いた食べ物を食べさせたり、キス(口同士の)を避ける。



胃潰瘍・胃がんの原因となるピロリ菌も同じように親から子へ移ることがわかっているので、虫歯・肥満・ピロリ菌を移さないためにも、親御さんは注意してお子さんを育てる必要があります。


行動様式や食生活が「移る」ケースについては、自分のダイエットへの意識を強く持つことがポイントです。


日本人に多い、周りの人と歩調を合わせるタイプの人は、特に注意が必要とのこと。


肥満の習慣に巻き込まれるのではなく、ダイエットの習慣がつくように心がけたいものですね。

ちょっとお勧めこのお店 142 (収穫)PageTop社員は『人財』です!!みたいな当て字の影響

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1426-9b3c490a

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示