Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

年収120万円時代の到来


先日、国税庁が民間給与実態統計調査の結果を発表しています。

本調査は、民間の給与実態を明らかにすることで、租税収入の見積りなど税務行政運営の基本資料とすることを目的として行われているそうです。


昭和24年分からはじまり、今回で65回目というのですから、国もとても重要な位置づけでとらえていることがわかります。


本調査発表によると、給与所得者数は4,645万人(対前年比2.0%増、90万人の増加)で、その平均給与は414万円(同1.4%増、6万円の増加)となりました。


男女別では、男性2,726万人(同1.0%増、27万人の減少)、女性1,891万人(同3.4%増、62万人の増加)。


平均給与は男性511万円(同1.9%増、9万円の増加)、女性271万円(同1.4%増、4万円の増加)。


女性の社会進出促進がかなりプッシュされていてそれなりに増加はしていますが、給与の増加幅が低い事を鑑みるとまだまだ道半ばというところでしょうか?


給与所得者数の増加を正規、非正規別に見ると、正規1.5%増、非正規5.3%増となっていて、それぞれの平均給与は、正規473万円、非正規168万円。


格差が益々大きくなりつつあることが見て取れます。


もちろんこの背景には、大量の高齢者が定年を迎え、非正規化している事も無視できませんが。今後は年金支給開始年齢も遅れ、賃金が下がり物価が上がる中、老後を迎える人が増えてくるため、高齢者自体も今のような余裕のある非正規ではなくなってくるでしょう。


昔、森永卓郎さんが「年収300万円時代」の到来を予測し、ブームになっていました。


その後すぐに「年収120万円時代」という本をだされ、皆様が「まさか」という気持ちがあったのか、あまり注目はされていませんでしたが、今となってはズバリ命中というところですので、森永さん凄いな~、と感心していたのでした。



森永卓郎
こんなわけわからんことも言う人ですが・・・



今のままの格差が進むと、正社員が「貴族」と言われる日も遠くないのかもしれません。


そうならないためにも、正規、非正規の働き方、賃金の在り方について見直しが求められています。


これには、抜本的な労働法制を見直しと、労働者・経営者共に働くことについての意識改革が必要と考えられるために、今後の動向に注目です。



新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 (知恵の森文庫)新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 (知恵の森文庫)
(2005/05/10)
森永 卓郎

商品詳細を見る




緊急版 年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫-緊急版 年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫-
(2007/02/16)
森永 卓郎

商品詳細を見る

噛めば健康、カレーは飲んではいけません!!PageTopステーキと鬱の関係とは?

コメント

森永卓郎

森永卓郎という男が厄介なのは、無責任な言いっぱなしが目に余ることだ。
かつて声高に小泉政権を罵倒し、自称「経済アナリスト」の立場として「対ドル円相場が50円台」「株価が5000円台」となる不況の到来を唱えたが、かすりもしなかった。
しかもそれに何の反省もせずに、未だに大嘘を垂れ流している。

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1433-7448ec0c

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操