Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

ステーキと鬱の関係とは?

現状の日本の統計では、10人~15人に1人が、一生のうちに1度はうつ病を経験するそうです。


この数字って結構すごくて、決して他人事には思えませんね。

うつ病の予防法と言えば、、ストレスを溜めない、しっかり眠る、よく笑う・・・などがよく言われますが、とある食事でも予防に繋がるそうなのです。


その食事が、なんと、ステーキなどの『お肉』!!


お肉好きには朗報ですね。


肥満や高脂血症の原因になることから敬遠されがちなお肉ですが、うつ病の予防にはとても大切な役割を果た巣と考えられています。


うつ病から脳を守ってくれるのは、肉に代表される「タンパク質」で肉以外には、魚、卵、乳製品や、豆腐、納豆などの
大豆食品などからもタンパク質を取得する事ができます。


なぜタンパク質がうつ病を予防するのか?


そのメカニズムの秘訣は、脳の中の神経伝達物質に隠されています。


いろんな調査の結果、どうも、うつ病は、、脳の中の神経伝達物質が十分に分泌されないために起こる病気であることが
わかってきているそうです。


神経伝達物質は、脳の中に100種類以上存在し、脳の細胞から細胞へ、情報を伝達する役割を持っています。


その中でも、セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミンという3種類が、うつ病に関わっていることが明らかになっていて、具体的には、これらの分泌がストレスや過労などで減少してくると、脳の働きが低下し、不眠や食欲低下、疲労感など様々なうつ病の症状が出てくると考えられているのです。


更に、神経伝達物質の中でも、セロトニンと呼ばれる物質は、こころを安定させるのに大切な役割を果たしています。


このセロトニンの原料となるのが、肉などに含まれるタンパク質。


お肉をガツガツ食べることで、こころが安定するというわけです。
(そういえば、お肉をガツガツお腹いっぱい食べると、幸福感に溢れますもんね、っと、違うか(笑))


肉ってサイコー



忙しくなってきたり、体や心に疲労が溜まって料理や家事が億劫になってくると、どうしても食事は簡単なものになりがち。


それば、とてもいけない!!


コンビニで買ってくるパンや、1皿で済んでしまうラーメン、パスタなどは炭水化物ばかりでタンパク質が不足しがち。


案外、鬱病の原因はこんなところにもあるかもしれません。


もちろん健康のためには肉だけではなく、野菜や海草類もとても大切ですが、「健康の為に、そこそこ必要!!」という錦の御旗のもと、意識して『肉』をガツガツ食べましょう!!



まぁ、本当は、『肉』でなくても。乳製品やチーズ、納豆などの大豆食品でタンパク質はとれるんですけどね・・・

年収120万円時代の到来PageTopやればできる!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1434-9552255f

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示