Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

噛めば健康、カレーは飲んではいけません!!

昔、とある大食いタレントが「カレーは飲み物」という名言を言っておられましたが、健康的にはどうもそれは間違えのようです。



カレーは飲み物
この店は、彼をリスペクトしているのでしょうね。




よく噛まないと、特に「飲んで」いたりすると、肥満につながるようです。


肥満だから、カレーを飲めるのか、カレーを飲むから肥満になるのか、そのあたりの論議はさておき・・・


脳の視床下部には、満腹中枢があります。


この満腹中枢は、血液中のブドウ糖の濃度が上昇すると、「もう食べなくてよい」という指令を出すそうです。


この指令が出ると、満腹だと感じて、食べるのを止める仕組みになっているわけです。


ところが、この満腹中枢が働くのは、食べ始めてから20~30分程度かかりますので、
早食いだと満腹中枢が働き出す前に食べ過ぎてしまう、というわけです。


逆にいえば、ゆっくりよく噛んで食べると、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止します。


なんとそれだけでなく、よく噛むと、食後にエネルギーが消費されやすくなって、ダイエット効果があるそうです。


東京工業大学の研究で、平均25歳の男性10人に300kcalの固形食品を1回はできるだけ早く食べ、もう1回はできるだけゆっくり食べてもらって、その後のエネルギー消費量や血流量を調べたところ、できるだけ早く食べた場合の消化・吸収のためのエネルギー消費は0.4kcalだったのに対し、ゆっくり食べた場合は10kcalを消費することがわかりました。


この差は1年間で脂肪1.5kg、1万1000kcalに相当するとのこと (-_-;)


ゆっくりよく噛むことは、最も健康的で簡単なダイエット方法の一つという事ができるわけです。


また、噛むことはストレス解消にも繋がるそうです。


ストレス解消やリラックスには、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増加させる必要があるそうですが、セロトニンを増やすには、リズミカルな運動が効果的。


一定のリズムでよく噛むと、セロトニンの分泌を促しストレス解消につながるそうです。


野球選手やサッカー選手がガムを噛みながら試合に臨んでいるのは、余計なストレスを取り除いて、プレーに集中する為。


このほかにも、ゆっくりよく噛んで食べると消化促進や脳の活発化、虫歯予防などの効果もあり・・・


「噛む」って、以外に凄いと思いませんか・・・


と、いうことで、決して、カレーは飲んではいけません。


ちゃんと噛んで食しましょう(^o^)丿

パートタイム法改正に対応したパンフレットPageTop年収120万円時代の到来

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1435-ab4d63cb

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示