Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活性酸素を

『活性酸素』


最近よく聞く言葉ですが、具体的に何か問われると、いまいちピンとこない人が多いのではないでしょうか。


はたまた、『活性酸素』というと、活発な働きをする酸素という健康に良さそうなイメージが持っていませんか?



実際は、その逆。



活性酸素は、体内の細胞を酸化させてしまう物質です。


「細胞の酸化=老化」ですので、体内の活性酸素が増えれば、その分老化が早く進んでしまうそうです。



また、細胞の酸化は老化だけでなく、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病や
がんの原因にもららしく、、活性酸素は健康を害する物質であると言えるそうです。



活性酸素は、細菌やウイルスなどの侵入物から身体を守る免疫システムの代表である白血球が作り出す物質ですが、「食べる・寝る・呼吸する・歩く」など基本的な日常生活を送るだけでも体内で活性酸素は作られています。


つまり、特別なことを何もせず、ただ生きているだけでも、活性酸素は体内で発生してしまうのです(T_T)


活性酸素が大幅に増えるというシチュエーションがいくつかあります。


1つ目は喫煙。


タバコの有害物質を除去するために、白血球の活動が活発化し、活性酸素が増加します。
また、タバコの煙自体にも活性酸素の一種である過酸化水素が含まれています。

2つ目が感染症です。インフルエンザや風邪などの感染症にかかると、ウイルスや細菌から身体を守るために白血球が働きますので、活性酸素は増えます。


3つ目がストレス。

ストレスを感じると、ストレスホルモンであるコルチゾールが増加しますが、コルチゾールが増加すると同時に活性酸素も増加することがわかっています。


活性酸素を体内から取り除くには、抗酸化物質が必要。


体内でも抗酸化物質は作られていますが、活性酸素が増加したら、体内の抗酸化物質だけでは足りなくなってしまいます。

そのため、体外から抗酸化物質を摂取して、活性酸素を取り除く必要があります。


抗酸化物質というと、ポリフェノール、。緑茶に含まれるカテキンやブドウやブルーベリーに含まれるアントシアニンが有名どころ。


また、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドも高い抗酸化作用があるそうです。


このほか、ビタミンCやビタミンEにも抗酸化作用があります。


抗酸化物質



積極的にこれらの食材を撮っていきたいものですね!!

ちょっとお勧めこのお店 143 (仁)PageTopやっとこ普通になるようです

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1442-f75efd9c

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。