Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

何が大切なのでしょうか?

安倍政権は女性活躍を大きな方針の一つに掲げています。


現在開会中の臨時国会の中でも、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案」の審議が行われており、今後、中堅以上企業を中心に女性管理職比率の引き上げなどが大きなテーマになっていくでしょう。


そんな政権方針に対して、実際に働く人たちはどのように考えているのでしょうか?


そんなことをうかがい知ることができる資料として、内閣府より「女性の活躍推進に関する世論調査(平成26年8月調査)
」なるものが発表されています。


この調査は2014年8月28日から9月14日にかけて、全国で20歳以上の男女5,000人を対象に面接形式で行われたもの(有効回収率60.7%)です。


その中で、女性の出産・育児の就業に関する事項を取り上げてみてみると・・・


女性が職業を持つことに対する意識について、「子供ができても職業を続ける方がよい」という回答は44.8%で、前回の2012年調査の47.5%より2.7%低下するという結果となっています。


その一方で、「子供ができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業を持つ方がよい」が31.5%と前回よりも0.7%増加。


「子供ができるまでは職業を持つ方がよい」が11.7%で、こちらも前回よりも1.7%こちらも増加しています。


女性の活用



近年は育児休業を取得し、職場復帰を目指す女性が多くなっている中で、意外な結果に見えるかもしれませんが、保育所等のインフラ整備が進まない中、やむなく、子育てと仕事どちらを取るかと考えた時、自身のキャリアをちょっと休憩してでも、子育て中心に頑張りたいという人が増えていることが見て取れます。


このような考えって、とても健全だと思います。


自分のキャリアと子供のことを考えると子供のことを優先したいというのが親の心情でしょう。


そういう意味では今回の統計の移り変わりは自然なものなのかもしれません。


もちろん、一番いいのは、子育てしながらもキャリアを継続できることですので、安倍政権も女性活躍を促したいのであれば、目標数値ではなく、先ずは働きながらでも安心して子育てできる保育所等のインフラ整備を充実させる必要があるのでしょうね。

女性の活躍推進に関する世論調査

ちょっとお勧めこのお店 144 (順瀧園)PageTop年金の運用は大丈夫?

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1447-5f4fd3c3

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操