Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

変な質問は企業力を疑われる?

「2016年春」卒業予定の学生を対象とした会社説明会の解禁。


従来の「3年生の12月」から、新ルールで翌年3月に繰り下げられます。


と、いうことで、一層就職戦線が過熱していくかと思いますが、今回はそんな就職活動の時の面談の質問に関するお話。


就職面談時の『質問』って、結構難しいですよね。


何十人と面接をしていると、同じことをきくのって苦痛になることありますし、飽き飽きしちゃったり、なんていうのも、本年ではあると思いますが・・・・


そんな、こんながあってか、結構、『珍』質問をされる人もいます。



たとえば


「自分を家電製品にたとえるなら何ですか?」


「スタートレックの登場人物の中で好きなのはどれ?」


「昨日のテレビタックルの感想を教えて下さい(見たか、どうか、確認せず)」


「裸の女性があの扉から入ってきました。あなたはどうする?(本当にこの質問をしている人がいて・・・モラルが低い)」


質問



いろいろ聞いていると、笑えるものから、くだらないものまで、実に様々な質問があります。


じゃ、こんな無茶振り質問、何のためにするのか?


担当者に聞くと、だいたい返ってくる答えはこれ・・・


「柔軟性を見ている。臨機応変さを見たい」


・・・・・・・・・


本当にこんな質問で、柔軟性って見れるんですかね?


私は甚だ疑問です。


こういう、人を試すみたいな質問をしていると、返って企業のリテラシーの低さを見抜かれてしまうというか、企業の格の低さを感じられてしまうというか・・・・・、なんだかよい気はしないんですよね。


こんな質問をしてもわかるのは「物事を適当にごまかすスキル」くらいで、その様なスキルを他の事以上に確認する必要性はあまり感じられないのですが・・・。


と、いうことで、あまりにも珍質問をしている場合には素直に次のようにこたえるのがよいようです。



「恐縮ですが、質問の内容が理解できかねます。ご質問には的確にお応えしたいので、ご質問の背景と意図をもう一度説明いただけないでしょうか?」


そうすると、質問者も適当なことは言えなくなってきますので・・・・・


面接する方もされる方も、時間は有用に使いましょう、というお話でした。

介護保険の大改正PageTopYouTubeで食べていく(お勧めの一冊)

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1452-d7bdea43

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操