Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

プラチナくるみん!!

次世代育成支援対策推進法(以下、「次世代法」という)が改正され、平成27年4月1日から施行されます。


改正点は下記のような感じ。

1.次世代育成支援対策の推進・強化(次世代育成支援対策推進法の一部改正)

法律の有効期限を平成37年3月31日まで10年間延長する。(法律の有効期限の延長)


雇用環境の整備に関し適切な行動計画を策定し実施している旨の厚生労働大臣による認定を受けた事業主のうち、特に次世代育成支援対策の実施の状況が優良なものについて、

厚生労働大臣による新たな認定(特例認定)制度を創設(新たな認定(特例認定)制度の創設)

特例認定を受けた場合、一般事業主行動計画の策定・届出義務に代えて、当該次世代育成支援対策の実施状況の公表を義務付ける 等



面白いのは「新たな認定(特例認定)制度」の創設。


これまでも次世代法には認定制度があり、認定を受けた企業は「子育てサポート企業」として「くるみん」マークの利用が認められています。


くるみん
これがくるみんマークです!!



改正後の次世代法では、新たに特例認定として「プラチナくるみん」マークができます。


プラチナくるみん
王冠がついて、マントしてます!!



これに伴いもちろん、認定基準を創設されます。


基準


プラチナくるみんの認定基準は、くるみんの認定基準をさらに厳格化していて、認定基準の5では、「計画期間において、男性労働者のうち、
① 
配偶者が出産した男性労働者に占める育児休業等を取得した者の割合が13%以上、
② 
配偶者が出産した男性労働者に占める育児休業等を取得した者及び育児休業等に類似した企業が講ずる育児目的の休暇制度を利用した者の割合が30%以上、かつ、育児休業等を取得した者1人以上のいずれかを満たすこと。


という感じのスーパーな内容が盛り込まれています。


さしずめ、不思議発見のスーパーひとし君みたいなものでしょうか(笑)


結構、今のくるみんでも基準は緩くないだけに、より一層の取り組みが求められるというわけです。


なかなか厳しい内容ではありますが、男女参画社会実現の為に、一つの基準として頑張ってみるのもいいですよね。


「くるみん認定、プラチナくるみん認定の認定基準・認定マークが決定しました!」

先日公布された労働契約法の特例法に関する通達PageTop平成26年度「わたしと年金」受賞者の発表

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1459-590d84ba

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操