Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

何故気づかないのでしょうか?最新パワハラ判例より・・・


昨日、未成年で初めて、パワハラを原因とする自殺が労災認定をうけたケースの、損害賠償請求訴訟の判決があり、大きな話題となっています。


以下、福井新聞より。

【パワハラ自殺訴訟、認定根拠は手帳 上司の数々の発言書き記す】


消火器販売などの「暁産業」(福井県福井市)に勤めていた男性社員=当時(19)=が自殺したのは上司の暴言によるパワーハラスメント(パワハラ)が原因として、男性の父親が会社と当時の上司2人に対し、慰謝料など約1億1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが28日、福井地裁であった。樋口英明裁判官は「典型的なパワハラ」として、同社と直属の上司に対し約7200万円の支払いを命じた。管理職の上司に対する請求は棄却した。


原告側代理人によると、自殺の原因をパワハラと訴えた訴訟は県内で例はなく、未成年に対する認定は「全国でもおそらく初めて」としている。


樋口裁判官は判決理由で、男性がメモに残した直属の上司の暴言について「仕事上のミスに対する叱責(しっせき)の域を超え、男性の人格を否定、威迫するもの」と認定。さらに自殺した本人の過失はない、として賠償額の過失相殺をしなかった。


会社についても、直属の上司に対する管理責任を認めた。管理職の上司については「パワハラの実態を把握するのは困難」として責任は問えないとした。


判決文などによると、男性は2010年4月に正社員として入社。直属の上司から「死んでしまえばいい」「辞めればいい」などと言葉によるパワハラを受け、同年12月に自殺した。福井労基署は12年7月、男性は上司からのパワハラが原因で自殺したとして労災認定した。


男性の父親は「当然の結果だと思っている。この判決を受け、社長はどう責任を取るのか」とコメントを寄せた。


同社は「担当者不在のためコメントできない」とし、被告代理人は「パワハラはなかったと確信しており、控訴する」とした。



 ■手帳に記された上司発言が根拠に

「学ぶ気持ちはあるのか、いつまで新人気分」「毎日同じことを言う身にもなれ」「今日使った無駄な時間を返してくれ」「いつまでも甘甘、学生気分はさっさと捨てろ」(原文まま)―。判決の「典型的なパワハラ」の根拠となったのは、自殺した男性が手帳に記した、上司の発言23カ所だった。


この手帳には、上司の指導の一環で、注意を受けたことなどが書き記されていたという。


判決で、数々の言葉は高卒新入社員の男性への心理的負荷は「極めて強度である」と認めた。原告代理人は「言葉を具体的に取り上げた認定は珍しい。今後、同様の発言をすればパワハラになるという指標になるのではないか」と話した。


全国では、昨年6月の仙台地裁判決、今月の東京地裁判決で自殺原因が、会社や上司のパワハラと認定されている。原告代理人は「パワハラをしたら個人も責任を負う時代にきている」とした。


男性の父親は「会社の代表者や当事者はまったく謝りません。判決は当然の結果。謝らないなら許さない」とコメントを発表、会社への怒りや憤り、息子を亡くした悲しみの言葉が並んだ。コメントは「息子が亡くなってすぐに会社は求人募集をしておりました。福井は全国でも住みよいところ、といわれております。より良い故郷になるよう願ってなりません」と締められていた。



パワハラと指導


この上司と部下の間に何があったのか、判決分だけでは見えていないこともありますので、このような記事だけをもってすべてを語ることはできませんが、少なくともいえることは、いかなる指導、教育であろうとも「人格を否定」する必要性は1ミリもないということです。


昔は、罵倒、叱咤激励も指導の一環として、寛容にとらえられていた時期が確かにありましたが、今の時代、労使関係の変化とともに、このようなことは認められなくなっているということを、上司は強く認識しておく必要があります。


人間は感情的な生き物です。


愛情があるからこそ、「かわいさ余って憎さ100倍」というようなこともあるかもしれませんが、それが、行き過ぎた指導が許されるという理由にはなりません。


大変なことではありますが、今は、指導をする方が、感情をコントロールし、怒りにとらわれることなく、目的と社員の成長のベクトルに向いた適切な指導を行うこと事が求められているのです。


この裁判、労災認定の段階でも暁産業の荒木伸男社長は、労基署から認定結果を聞かされていないとしたうえで「指導は社員教育で、いじめの認識はない」というコメントを出していて、今回も控訴する、ということが記事に書かれていますので、会社なりに主張したいことがあるのかもしれませんが、どのようなことがあろうとも一人の命が失われてしまっているという事実を考えると、企業は、この判決から指導・教育の在り方について学ぶ必要があろうかと思います。


今回のケース、周囲はどうしてパワハラに気が付かなかったのか、だれも止めることができなかったのか、はたまた気にかけることができなかったのか。


風通りの良い、社員同士の良好な関係を気づくことができる職場環境を築くために、今、労務管理の重要性が増しています。

ペットの体調不良で有給、とかいうお話PageTop長時間労働を削減する、「正当な1日の労働」という考え方

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1465-3282f190

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操