Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

イベントは嬉しい?

最近社内イベントを復活させようとしている企業が増えています。


その背景には、社内コミュニケーションの不足です。


隣の席の同僚にメールで連絡する、なんていう驚き話をたまにききますが、情報伝達を便利にするツールが発達するにつれ、フェイストゥフェイスの心通わせるコミュニケーションが年々減少し、それが組織モチベーションの低下に繋がり、企業の課題になっています。


そんな現状を見て取れる資料として、産労総合研究所が「2014年 社内イベント・社員旅行等に関する調査」なるものを発表しています。


【社内イベントの実施状況】
社内イベントの実施状況について見てみると、「業務関連行事」は96.7%(前回調査98.0%)、「余暇・レク行事」は82.0%(同84.8%)となっています。このうち「余暇・レク行事」の詳細を見てみると、「社員旅行」が46.0%でもっとも多く、「ボウリング大会」35.0%、「ゴルフコンペ」30.0%が続いています。
※「余暇・レク行事を実施している」と回答した企業を100とした割合


また、直近の10年間における余暇・レク行事の見直し状況の結果をみてみると、「見直しや再編をした」が45.1%となっており、そのうち約半分は「新たな行事をはじめた」と回答しています。


【社内イベントの実施目的】
次に、社内行事を実施する目的について見てみると、「連帯感や一体感の醸成」58.7%、「コミュニケーションの促進」52.9%となっており(複数回答)、もっとも重視する目的を1つだけ選択すると「コミュニケーションの促進」が60.3%と圧倒的に多くなっています。

また、社内イベントの企画・運営に従事することで得られた効果については、「部門を超えた横のコミュニケーション活性化につながっている」81.8%、「上下関係におけるコミュニケーション活性化につながっている」46.3%、「若手の人材育成の場となっている」21.5%となっているところを見ると、それなりに効果があることがわかります。


いべんと 



と、いうことでイベントをしよう!!となった場合、立ちはだかるのが労働法の存在です。


このようなイベントを社内行事として強制的に参加を促すのか?その時に労働時間がどうのこうの、賃金がどうのこうの、となってくると、せっかく楽しめるイベントも・・・


完全な任意にするのか、しかしそれだといつも同じメンバーで出席率が、というのはよくある話です。


こんなジレンマに悩む中小企業が多いわけですが、企業が意図と目的をもって行う以上、このあたりの事はしっかりと考える必要があるわけで・・・


結局は、誰もが参加したくなる職場環境づくり、コミュニケーションの日々の促進が大切ということになるわけですが。


産労総合研究所「2014年社内イベント・社員旅行等に関する調査」

ちょっとお勧めこのお店 146 (馬春楼)PageTop障害者雇用制度の実態

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1471-17539629

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示

頭の体操