Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

労働組合の結成率低下は何を意味するのか?

全国の労働組合の推定組織率(雇用労働者に占める組合員の割合)が2014年6月末時点で、前年比0.2ポイント減の17.7%だったことを厚生労働省が12月17日に発表しています。


3年連続で低下し、1947年の調査開始以降の最低水準を更新したそうです。


労働組合の推定組織率は、1973年の第1次オイルショックを経て80年代には20%台まで落ち込み、2003年からは10%台で推移しています。


その原因として、ここ数年は増加する非正規労働者を組合員に取り込むことが十分にできなかったことなどが挙げられています。


労働組合


組合員数も13年から1万7000人減り、987万5000人。


ピークだった1994年と比べると2割以上の減少。


パートで働きに出る女性が増えたことから女性の組合員は13年から4万4000人増えて303万4000人となったそうで、女性の組合員が300万人を超えたのは12年との事。


労働組合は比較的規模が大きいほどきっちり結成されていて、そういう大企業の正社員中心の組合結成率が減少している一方、本当に組合が必要と思われる、労働条件等が比較的厳しく雇用も不安定な、パートタイマー等を守る組合がないというのは、なかなか考えさせられるものがあります。
〈一方で、個別労組はたくさんありますが、それらが本当の労働組合の機能を果たせているのかどうかについてははなはだ疑問を感じる部分も少なくありません)


今一度、組合の意義、方向性について考える必要があるかもしれませんね。

ちょっとお勧めこのお店 148 (中國菜 月泉)PageTop出所者雇用企業を3倍に!!

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1482-f6e9b70b

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示