Faith to Face  ~オレキケ社労士の日々ウダウダ!!~

社会保険労務士として、日々奮闘中のT&Dが、日々起こる話をウダウダ語ります。

厳しくなる労働基準監督署の調査

個人的な実感ですが、昨年秋ごろから、労働基準監督署の調査がやけに増えてきているような気がしていました。


そんな風に感じていたところ、先月、厚生労働省が「監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成25年度)」を公表しています。


これは全国の労働基準監督署が、平成25年4月から平成26年3月までの間に、定期監督および申告に基づく監督等を行い、その是正を指導した結果、不払になっていた割増賃金が支払われたもののうち、その支払額が1企業で合計100万円以上となった事案の状況を取りまとめましたものです。


これを見ていると、実感は正しかったんだな~~と再確認する内容となっており・・・


・是正企業数 1,417企業(前年度比+140企業)

・支払われた割増賃金合計額 123億4,198万円(前年度比+18億8,505万円)

・対象労働者数 114,880人(前年度比+12,501人)

・支払われた割増賃金の平均額 1企業当たり871万円、労働者1人当たり11万円


100万以上 是正


1000万円以上是正


ここ数年、減少傾向にあった是正指導の状況ですが、平成25年度はやっぱり増えていました。


最近は、残業については、事業場外みなし労働時間制についての初めての最高裁判決(阪急トラベルサポート事件)が言い渡されたり、固定残業手当の運用の厳格化を求める、櫻井裁判官の補足意見がだされるなど、残業代請求される可能性が高まる流れがある中、厚生労働省もブラック企業(彼らはこの名称は使いませんが)対策にかなり重点を置いているため、今後もこの傾向はしばらく続くかもしれません。


今一度、労務管理の状況を見直し、きっちり備えていきたいものです。


「監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成25年度)」

100万円以上及び1,000万円以上の割増賃金の遡及支払状況(平成25年度分)

100万円以上及び1,000万円以上の割増賃金の遡及支払状況(過去10年分)

100万円以上の割増賃金の是正支払状況(過去10年分)

1,000万円以上の割増賃金の是正支払状況(過去10年分)

賃金不払残業の解消のための取組事例集

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準

賃金不払残業総合対策要綱

賃金不払残業の解消を図るために講ずべき措置等に関する指針

ちょっとお勧めこのお店 151 (とんかつ真)PageTopブラック企業の求人拒否

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

トラックバック

http://facetofaithsrtd.blog76.fc2.com/tb.php/1502-219f80a6

プロフィール

労務管理は社会保険労務士事務所・オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所

オフィスT&D

Author:オフィスT&D
オフィスT&D Faith(フェイス)経営労務事務所は、大阪市北区に事務所を構える社会保険労務士事務所です。最適な人事労務管理など、様々なご要望にお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

J-NET21

オレキケブログへようこそ!!

RSSリンクの表示